塾・公文

公文の効果と弊害? 入会前に公文の口コミについて調べた結果

公文式

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

公文式、人気ですよね。我が家も、子供(小3、年中)が楽しく通っています。

夫や大学の友人が「幼少期にやっていて良かった」と言っていたので、口コミを調べて、体験もして、入会を決めました。

でも、実は、私自身は「公文式は良くない」と聞いて育ったのです。

実際に、悪い評判・口コミもあるそうなので、その辺も調べてみました。

公文式の効果・良い口コミ

スモールステップで無理なく高い学力を

公文式の最大の強みは、やはりスモールステップで進んでいき、やがて(さほど)無理なく高い学力を身につけることができる点だと思います。

実際に、例えば妹の算数は、最初のころは、1,2,3,4と数字を数えるところから始めたのに、開始7ヶ月目の今では繰り上がるのある2桁+1桁の計算もスラスラと解けるようになっています。

特に無理をした覚えはありませんが、スモールステップで進むように緻密に作られている教材なので、少しずつですが着実にステップアップしていくことができたようです。

毎日の習慣にしやすい

やるべきプリントの枚数が決まっているので、毎日の習慣にしやすいです。

ゆめねこ
ゆめねこ
通常の教室ですと1日5枚(1教科あたり)が多いようですが、我が家はなるべく1日10枚するようにしています。

我が家では、公文を規定枚数以上やったら、シール帳にシールを貼れることにしています。

公文プリントの山のイメージ

週2通室が、良い刺激に

週2回の通室って、ちょうどいいと思うのです。

週1だと「今日は宿題できなかったから明日やろう」などと言い出し、きっとダレます。

週3だと多すぎます。

教室

2日間家庭学習

教室

3日間家庭学習

教室

この「教室」がいいアクセントとなり、1週間を有意義に過ごすことができます♪

また、うちの子は教室のほうが集中力を保てます

家ではどうしても気が散ってしまうことが多いので、教室に週2回行けるのはありがたいです。

しつこい(笑)→処理能力が高まる

これ、メリットなのでしょうか?

ゆめねこ
ゆめねこ
はい、メリットです…(笑)

自宅では同じドリルを丸ごと3回繰り返すことなんて、なかなかしないですよね?

我が家では公文通室前に、兄に公文ドリルをさせていましたが、一通りやって、間違ったところをやり直して終わりでした。

こういうやつ↓

でも、公文式(教室)では、丸ごと繰り返し繰り返し定着するまでやります。

しつこさが嫌になりますが、実際やってみると、やればやるほど正答率が高まっていき、タイムも縮むのです。

今、兄は分数の足し算をやっていますが、一瞬で最小公倍数を見つけられるようになりました。

公文E教材 算数 分数

みたいなやつですね。

ここまでくると「訓練」ですね。

処理能力が圧倒的に強化されていることが、傍から見ていても分かります。

ランキングと表彰

全国ランキングが発表されたり、成績優秀だと優秀者の集いに招待されたりします。

うちも、兄が公文英語で「未来フォーラム」というイベントに招待されました。

色鉛筆
Jフレンズへの道。公文の進度を予測して、学習の見通しを立てようこんにちは。ゆめねこです。 兄のムーは、6歳4ヶ月のころ、公文英語をD教材から開始しました。 そして1年4ヶ月後に、Jフレン...

また、オブジェ(トロフィー)やキーホルダーのようなものもいただけます。

こういった、やる気につながる工夫もたくさんあります。

公文式の弊害・悪い口コミ

字が汚くなる

教員をしている知人が言っていたのですが、その知人の周りの教員の間では、公文はあまり良く思われていないそうです。

理由の1つが、字が汚くなる子が多いそうなんです。

やはり、タイムを計ってプリントをこなしていくので、どうしても「丁寧さ」とはかけ離れたような字になってしまいがちだそうです。

ゆめねこ
ゆめねこ
悲しいけど、うちも、そうです…(-_-;)

思考力が鍛えられない、思考力が止まる

「(算数は)文章題や思考力系問題がほぼないので、思考力が鍛えられない」

または、

「作業のように計算を繰り返していくだけなので、思考力が止まってしまう」

という口コミもあります。

 

でも、これって、「弊害」と言えるのでしょうか?

ゆめねこ
ゆめねこ
公文式だけしかしていなければ、そりゃー、公文式がカバーする範囲だけしか成長しないでしょう。

最初から、公文には「(ほぼ)文章題はない」「図形はない」「(いわゆる)思考力系問題はない」と分かっているのですから、それは期待するのがおかしいかなぁと。

 

なので、我が家では、文章題思考力系問題は別途、問題集・ドリルで補っています。

学校の授業を聞かなくなる

これまた論点が少しずれているかと…。

公文式に限らず、先取り学習をしている方は、学校の授業が簡単に感じられると思うのです。

なので、我が家では、

ゆめねこ
ゆめねこ
公文で習って知っているからと言って、学校の授業をおろそかにしてはいけないよ。

と口を酸っぱくして言っています。

例えば、

ゆめねこ
ゆめねこ
あなたは、漢字の【書き順】が弱い。だから、学校の漢字の授業では、特に【書き順】を復習・強化するつもりで聞いておいで。

などと、学校の授業でおさえてくるべきポイントを伝えるようにしています。

実際、個人面談などで、先生からは「意欲的に取り組んで、発表もよくできています」と言っていただけました。

まとめ

我が家は、メリットが、デメリットを上回っていると判断し、入会を決めました。

実際、入会して良かったと思っています。

中学受験をする上で基礎の基礎となるであろう、

  1. 家庭での学習習慣をつけておく
  2. 基礎力はもちろん、圧倒的処理能力をつけておく

が叶うだけで、ありがたいです。

 

あとは、中学受験塾への切り替えタイミングが重要と感じます。

それについては、現在も調査中。

うちは、小3の9月小3の2月(=塾業界での新小4)で迷っています。

また書きますね(^^)/

関連記事