アイディア・グッズ

脳に限界を作らない。全身使って自由に表現、ホワイトボードの魅力

大きなホワイトボード

こんにちは。ゆめねこです。

皆さんは、「ホワイトボード学習」という言葉を、お聞きになったことがありますでしょうか。

昔、夕方のニュースで「頭のいい子」の特集をしており、そのお子さんのおうちには、ホワイトボードがありました

まだ小さいのに、数学の数式を書いていたように記憶しています。

そのニュースを見たとき、ホワイトボードを家に置くという発想がなかったので、割と衝撃的でした。

ゆめねこ
ゆめねこ

「広い場所にアウトプットすることは、場所を気にせずアウトプットそのものに集中できる!

これは、いい!」

と思ったものです。

そのことを思い出し、我が家では、兄が5歳(妹が1歳)のころに設置しました。

設置の仕方

カラーボックスを2つ、自転車こぎこぎ買ってきた。

color-box1重かった。

ネットで買ったほうがいいと思います…。

組み立てた。

color-box3疲れた。

電動ドライバーがほしかったけど、手でがんばりました…。

color-box2やっと出来上がったカラーボックス2つを、ピアノと壁の間に入るようにはめました(下の写真の左端に見える白いのがピアノ)。

きちんとサイズをはかって購入。2段カラボと3段カラボを組み合わせました。

そこにブックエンドを置いた。

color-box4そして…。

写真は撮り忘れましたが、カラーボックスの上に、滑り止めシートを載せて、その上にブックエンド。

壁とブックエンドの隙間にホワイトボードを差し込み、壁に立てかけました。

ホワイトボードも、もちろん設置場所のサイズと合うものを購入します。

我が家にあるのは、横150cm(1500mm)のものです。

2段と3段のカラボを横にしたものの上に乗せるのにピッタリサイズです。

秘密基地にしてしまおう

当時1歳だったミーが入ってこないようにベビーサークルで囲み、ムーの秘密基地のように仕上げました。

うらやましそうに中をのぞくミーちゃん。

white-board1ムーの創造の世界は、しばらく止むことはありませんでした。

早くこの環境を作ってあげれば良かったな。

表現できる場所が広いから、制限がかからず、思いつくままに、自由にアウトプットできるんです。

これがホワイトボード学習の最強の長所です!

ちょっと例えがアレなんですが、東野圭吾さん作の『ガリレオ』の映画版やドラマで、主人公の湯川学(福山雅治さん)のスイッチが入っちゃった状態、みたいな感じです。

white-board25歳当時の作品(?)、ちなみにマグネットは家庭保育園のものです。

活用法は他にも

8歳になった兄のムーは、ホワイトボードに大きな大きな絵を描いたり、学習したことを書きながら大人や妹に説明したりしています。

時には自分が学校で描いてきた絵を貼ったり。

学校から配布された手紙を貼ったり。

To Do リストにしたり。

いろんな用途に使っています。

妹にもホワイトボード

あまりにうらやましそうだったので、妹のミーにも、小さいものを出してあげました。

(ムーの3歳くらいのころに買い与えていたものです。)

white-board4
Arkmiido お絵かきボード 子供 ホワイトボード 黒板 お絵かき 落書きボード せんせい おもちゃ イーゼル 大画面 両面 看板 折りたたみ 高さ調節可能 収納可能 数学、絵画、スケッチ、落書きをサポート プレゼント クリスマス 新年 祝い (ブラック)
Arkmiido

写真では黒板になってますが、裏はホワイトボードです。

ホワイトボード学習、おすすめです。

数式をすらすらすら~とか書いてくれるようになったら…カッコイイな♪

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事