知育・教材

人気のハロウィーン絵本。大人も楽しめて、読み聞かせにもおすすめ♡

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

最近ではすっかり秋の行事として定着してきた「ハロウィーン」。

お子さんとハロウィーンに関する絵本を読んでみるのはいかがでしょう?

ハロウィーンの由来を教えてくれるものや、かぼちゃや魔女のお話…。

ハロウィーンにそこまで親しみがない世代の大人にとっても新しい発見があるかもしれません。

それでは、ご紹介していきます。

0、1、2歳におすすめのハロウィーン絵本

ハッピー ハロウィーン!

ハッピー ハロウィン! (講談社の幼児えほん) [ 新井 洋行 ]
created by Rinker

図書館の読み聞かせイベントで司書さんが読んでくださいました。

トントントン。

おうちに、オバケやオオカミ男など、さまざなモンスターがやってきます。

来客のシルエットを見て、誰が来たのか考えていきます。

最後に魔女が現れ……。

小さいお子さんでも怖くない絵&ストーリーですよ。

ハロウィンのかくれんぼ

美しい色づかいと、シンプルで分かりやすい形にこだわった大人気絵本。

ページをめくると、かくれていた形があらわれる仕掛け絵本。

ハロウィーンにちなんだおばけや魔女、かぼちゃ、お菓子などがたくさん登場します。

まだ言葉を発することができない小さなお子さんでも、大人が「かぼちゃさんだね」などと話しかけながら楽しんでください。

一部、英語訳もついているので、英語育児のとっかかりにもおすすめですよ。

おおきなかぼちゃ

今夜はハロウィン。

パンプキンパイをこっそり食べたい魔女が、大きな大きなかぼちゃをとうろしますが、かぼちゃはびくとも動きません。

ゴーストにも、吸血鬼にも、ミイラ男にも、かぼちゃを動かすことができません。

『おおきなかぶ』を彷彿とさせるこの本。

ストーリーになじみがあるので、お子さんも喜ぶこと間違いなし!

ハロウィン!ハロウィン!

主人公のたろうと動物たちは、工夫を凝らしたお手製の仮装で「トリック オア トリート!」とおばあちゃんの家を訪ねます。

ハロウィーン絵本

何に変身するのか、ワクワクしながら読み進められます。

3、4、5歳におすすめのハロウィーン絵本

きょうはハロウィン

アメリカに引っ越してきた日本人の男の子ケンちゃんは、ハロウィーンの夜に、隣の家に住むピートに誘われて、近所の家を回ることになりました。

初めての経験に、ケンちゃんはドキドキしたりワクワクしたりします。

やがて町外れの古びた家の前にやってきました。

主人公のドキドキが伝わってくる、すてきな絵本です。

ハロウィーンってなぁに?

ハロウィーンの由来から楽しみ方まで、バッチリ分かる絵本です。

ハロウィーンのことを知りたい子供と、ハロウィーンを楽しみたい大人、どちらも楽しめる絵本です。

小学生におすすめのハロウィーン本

おばけのジョージーのハロウィーン

きょうはハロウィーン。

おばけや魔女の格好をするコンテストに、本物のおばけジョージーが出れば一等賞まちがいなし。

でも、ジョージーははずかしがりやで、人前に出られません。

すると、仲良しの動物たちが励ましてくれて…。

ジョージーはコンテストに出られるでしょうか?

まとめ

まだまだハロウィーンをテーマにした絵本や本はたくさんあります。

今回紹介したのは我が家で読んだ本だけですが、今後も追加していきたいと思います。

ハロウィーンが近づいてきたら、親子で楽しんでみてくださいね♪

関連記事