知育・教材

中学受験、入塾までの家庭学習に『最レベ』『スーパーエリート』『トップクラス』比較

問題集比較
スポンサーリンク

中学受験塾への入塾時期は、やはり小3の2月が多いようなのですが、それまで何もしないというご家庭はおそらく少なく、何らかの取り組みをされていることと思います。

入塾前に、家庭で、何にどのように取り組むかはとても重要ですよね。

今回の記事では、入塾前に家庭学習で取り組む問題集の有名どころ『最レベ』『スーパーエリート』『トップクラス』の3つについて比較したいと思います。

結論から書くと、我が家の兄(現在、小3の1月で入塾目前)は、中学受験塾への準備として有名な『最レべ』と、難易度の高い『スーパーエリート』を組み合わせて使用しました。

ちなみに、比較は算数のみ行いました。

国語は、算数で『最レべ』を採用したので、それに合わせて『最レべ』にしました。

文字の大きさや読みやすさはどう?




最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク

1 2 3 4

Amazonでお得に買い物する方法

初回だけ説明をよく読んで理解
→お得&便利なので何度もリピート中! >>現金チャージならポイント最大2.5%!