塾・公文

公文の辞めどきはいつ? 中学受験塾への切り替えタイミング考察

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

我が家の兄は、現在小3。

中学受験を考えています。

現在は、公文式で国語と算数を勉強しています。

公文式と中学受験の勉強は全く異なるものなので、一般的には、中学受験を検討している方は、公文っ子であっても受験塾に切り替えていっています。

ゆめねこ
ゆめねこ
今日は、公文の辞めどきについて考察します(^^)

公文の先取りは中学受験には役立たない?

全く役立たないとまでは言いませんが、なんというか違う種類のものだと思うので、中学受験を考えているなら、やはり途中から中学受験塾に切り替えるべきだと思います。

公文が中学受験に役立つ点を挙げるなら、

  • 早いうちから勉強の習慣がつく(机に向かう…など)。
  • 早いうちから基礎学力と圧倒的処理能力がつく。

だと思います。

公文式
公文の効果と弊害? 入会前に公文の口コミについて調べた結果公文式のクチコミです。良い口コミ、悪い口コミを集めてみました。我が家は総合的に判断して、公文に入会することに決めました。...

なので「公文は中学受験には悪」という認識は間違いで単純にカバー領域が違うだけ、そして役立つ部分も大いにあるというのが個人的意見です。

公文から中学受験塾への切り替えベストタイミングは?

公文の進度にもよるのでしょうが、私はやはり小学校4年生(小3の2月)だと思います。

進度にもよるのでしょうが…と書きましたが、進度は実際あまり関係ないかもしれません。

私は、小学生が中学以上の内容を習うことに大きな意味を感じていないので、学習習慣と基礎学力さえ小3までについていれば、進度はどうであれ、受験塾に移るのがいいと思います。

本人が数年間一生懸命やって小3終わった時点で、学習教材が「C」だったとしても、それはそれで大きな成果はあったと思うので、そのまま受験塾に切り替えるべきだと思います。

※もちろん数ヶ月のみの公文では、大きな成果というのは得られないと思います。

 

私自身は、公文なしで小5から入塾、私立中受験をしました。

ゆめねこ
ゆめねこ
個人的には小5からだとまったく余裕がありませんでした

一般的にも小4からが適切と言われていますよね。

公文云々の前に、通塾開始時期は私も小4からに賛成です。

もしくは早くても小3の秋以降…。

小3以前の入塾はどう?

これに関しては、某大手塾の無料テストで塾の先生が、

ゆめねこ
ゆめねこ
塾の先生がこんなこと言っちゃっていいの?

というお話をされていたので、そのまま書きます。

「小3以前の塾は正直、お金と時間が余っているのでなければ不要」

とのこと。

ゆめねこ
ゆめねこ
ええええ。そんなこと言っちゃっていいの?

デメリットも教えてくださいました。

低学年から通塾するデメリット

  • 低学年までの授業は、塾の囲い込み戦略なので受験に必須ではない内容のことも。
  • お金がかかる。小4からは講習などで本格的にかかるので貯めておくべき。
  • 早いうちから通うことで、中だるみする子もいる。

こんなことをおっしゃっていました。

入塾までにやっておくと良さそうなこと

私が入塾までにやっておくべきだと思うのは、

  • 勉強以外のこと(遊び、習い事、お手伝い)
  • 公文
  • 思考力系問題(算数)
  • 読書(国語力)
  • 理社の種まき
  • 英語
  • 全国統一小学生テスト、日能研全国テスト、リトルスクールオープンテストなど、大手塾の無料テスト受験

です。

特に、「早く入塾させなくて大丈夫かしら?」と思う方は、一番下に書いた、塾のテスト受験を利用すると良いと思います。

子供はテスト慣れすることができますし、親はペースメーカーとして利用できます。

ゆめねこ
ゆめねこ
そのテストで判明した苦手分野を、市販のドリルで補えばいいのです。
ひらめき電球
絶対やるべき! 難しいけど楽しい『きらめき算数脳』で思考力を養おうこんにちは。ゆめねこです。 「SAPIX(サピックス)」という塾はご存知でしょうか。 私が高校まで住んでいた地域にはなく、大...

低学年の子を通塾させていないので、通塾のメリット・デメリットは私には書けませんが、少なくとも通塾なしでもやれることはたくさんある!と思います。

まとめ

私は、子供時代、実は親に懇願して塾に通わせてもらいました。

どうしてもどうしても、女子校に行きたかったので、塾に通いたかったのです。

でも、自分でお願いしておきながらですが、やはり中学受験のストレスはかなり大きなものでした。

親は「公立に行けばいいじゃない」と言っていたので、プレッシャーはなかったのですが、それでも、成績によってクラスがかわったり、順位がはりだされたり…大きなストレスがかかったのは今でも覚えています。

低学年のうちの塾の内容は分かりませんが(塾によっても違うでしょうし)、もし他人との競争をすごく意識しなければならないものだったとしたら…

それは私は低学年のうちにはあまりさせたくないかな、と思ってしまいます。

想像力

公文は正直、自分との戦いです。

順位表はありますが、あまり子供には見せていませんし、先生も「自分で立てた目標を突破していこう」というような指導をしてくださるので、それはとてもいいなと思っています。

そういう意味でも、

  1. 低学年のうちは、公文で自分自身を鍛える
  2. 高学年から、他人との競争に身をさらす

この流れが最強なんじゃないかな?と思います!

関連記事