子育て本・WEBサービス

佐藤亮子著『「灘→東大理Ⅲ」3兄弟の母が教える中学受験勉強法』感想

必勝だるま

2023年2月1日まで886日

2016年発行の本ですが、なかなか出会えず読めずにおり、先日やっと読めました。

4人もお子さんがいて、全員が東大に進学ということで有名になった佐藤ママこと佐藤亮子さん。

佐藤さんについて知ったとき、書籍タイトルのインパクトが強いので、内容にどんだけ煽られるんだろう?と思っていました。

でも、本を拝読するたび、愛情たっぷりの子育てにほっこりしてしまいます。

批判もたくさんあったようですが…。

確かに実名で子供たちの書籍を出すとなると、やはり子供の人生にも影響を及ぼすので私はしないかなと思いますが、佐藤家の場合は、お子さんたちも納得の上のようなので、他人がどうこう言う問題ではないかと思います。

それでは、以下に、印象に残ったことと感想を書いていきます。

こちらの本、巻頭のカラー5ページだけでも読む価値があります!

受験で親の生活も変わると覚悟

佐藤家はお子さんが4人いらっしゃるので余計だと思いますが、親の生活も中学受験に際して様変わりです。

佐藤ママは、ママ友さんに「佐藤さん! 十二単を着られるくらいに髪が伸びているわよ」と言われるまで超ロングヘアに気付かなかったほどお忙しかったみたいです。

すっごい笑ってしまった一方、佐藤ママの「覚悟」を感じました。

詳細なママの1日のスケジュールは本書に掲載されていますが、これは本当にすごいと思います…。

長男さん小6、次男さん小5、三男さん小3、長女さん年中のときの佐藤ママの睡眠時間は5時間半です。

ゆめねこ
ゆめねこ
詳細スケジュールを拝見する限り、本当に休む暇はなかったんじゃないかな。

 

隙間時間活用のプロです。

子供を送り出してちょっとひと休み、とかもしていられない感じ。

子供のことに、ここまでどっぷり浸れる環境はある意味うらやましいです。

塾は4年生からがベストだが、早生まれの子は前倒しで

早生まれでハンデがあると思うなら、塾に入るのを前倒しするなどして、時間をかけて補強すればいい、と書かれています。

ゆめねこ
ゆめねこ
ちなみに佐藤家の次男さん三男さんも早生まれだそうです!

 

悩む暇があったら対策しましょ♪という佐藤ママの前向きなアドバイスが良いですね!

我が家の妹は、女の子で体力がないので、小3くらいから通塾を考えてます。

そのときの公文の進度にもよりますが。

公文(くもん)いつまで続ける? 中学受験塾への切り替えなど、やめどきは?公文式をいつまで続ける? 中学受験塾に入塾するタイミングはいつ? 実は進度よりも時期が大事。受験塾移行前に公文をやっておいたほうがいい理由も解説します。...

子供は勉強に集中、親は黒子に

保護者は基本的に学習内容を子供に教えることはできないと考えてください。

とのことです。

私、内容を教えようとしてたわ~。

そして佐藤ママは教えてらっしゃると思ってました。

でも、教えなくていいというのは、肩の荷がおりました。

これからは、黒子に徹しようと思います。

丸付けは親がしてあげて、子供の時間を生み出してあげる。

ノートを作ってあげる。

なども立派な黒子の仕事ですよね。

採点を親がやることで、親が知識の穴を把握できる、ともありました。

確かにそうですね。

採点時も、そういった意識で取り組もうと思います!

あと、暗記モノのお付き合いは続けようと思います。

1人で黙々とやるより、ワイワイやったほうが記憶に残りますもんね。

こういうはりがみも効果的です🎵

暗記事項を書くはりがみは、斜めにはるのがコツだそうで、見て違和感があるほうが心に残るとのこと。

まっすぐはると、景色に溶け込んでしまうそうなんです。

佐藤ママは間違えた問題をまとめた暗記ノートも作っていたそうなのですが、大きな文字でマジックの色を変えて書いていたそうです。

たまにはシールもはったり。

文字の色やシールで暗記事項が想起されるようにした工夫ですね!

睡眠時間

これはお子さんによって、最適な睡眠時間は違うと思いますが、佐藤家では、就寝は4年生は10時半、5年生は11時、6年生は11時半だったそうです。

起床は7時

朝苦手な人は無理しなくていいと書かれていて、これもホッとしました。

ゆめねこ
ゆめねこ
私は朝が苦手です…。

母が1週間時間割を作成

こちらも本書に、時間割の例が載っていますが、時間割を作ってあげると行動しやすいですね。

私も兄が小1のころは作っていましたが、その後は作っていませんでした。

塾も始まったことですし、改めて作ろうと思います。

学校からの帰宅時間や塾の時間割次第で、最低でも年1回の改定が必要ですね。

スケジュール
【小4】塾(SAPIX)がある日とない日の、1日のスケジュールを公開生活が普段通りに戻りつつあり、小4の兄、忙しく過ごしています。 本人は忙しいのも好きなので飄々としておりますが、親は見ていて目まぐ...

その日の勉強内容は母親が書く

私も手帳に書いています。

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!
子供に「手帳習慣」をプレゼントすれば「勉強しなさい」を言わなくて良くなる!子供が小学生になり、気付くと、1日がなあなあに過ぎていくこともあったので、毎日メリハリをつけて生活してほしくて手帳を与えました。小学生に手帳を持たせる効果について書きました。...

ただ、時間までは書いていなかったので、今後、改良予定です。

また、もう少し具体的に書こうと思いました!

環境や道具を整える

コピー機、タイマー、カレンダーを揃えるなど。

我が家にもコピー機はありますが、壊れたら以下の機種、もしくは後継機種を購入することにしています。

 

タイマーは、私自身も学習に活用してきたので、既に取り入れています。

私のおすすめは以下の記事で紹介しています🎵

ドリテック おすすめタイマー
勉強に超おすすめの最強タイマーで、集中の世界へ勉強や仕事に最適な、おすすめのタイマーを紹介します。私は自分自身が子供のときから、タイマーで勉強時間を管理していました。社会人や親になってからもタイマーは多用しています。...

 

カレンダーは、1人に2個と言うことは、子供全員で8つですね。

すごいな。

 

また、うちは佐藤ママの別の本を読んでリビング学習にしています。

リビング学習、隣室で就寝。

動線がシンプルなので心理的障壁も少ないのです。

夕飯後に、寒かったり、2階だったりの子供部屋に移動するのは億劫ですもんね。

リビング学習
毎日合宿気分! 2人の子供の知育を同時にはかどらせる方法大人1人で2人の子の勉強を見てあげるのはなかなか大変です。それでも、なるべく平等に、効率的に、時間を無駄にせずに見られる方法を考え、実践してきたのでご紹介します。「下の子はどうしても放置気味」という方、必見です。...

リビング学習おすすめグッズ👇

リビング学習
リビング学習のデメリットをカバー。効果抜群の「学習室」グッズリビング学習には利点がたくさん。でも、家族の動きやテレビなどで気が散ることもありますよね。そんな時におすすめなのが、持ち運びできて、視界も遮れる自分だけの学習室です。...

テストでは勉強の穴を把握

点数だけ見て叱ったり批判したりはしない。

入試本番までに点数を上げていけばいいので、何ができていないか、焦らず冷静に見ましょうとのことです。

正答率の高い問題(目安:70%以上)が出来ていない場合は、下の学年の学習に戻って復習するのが良いそうです。

成績が不安定なら過去問を

成績が不安定な場合、精神面で不安定ということもありえます。

佐藤ママは三男さんの受験時、19年分の過去問を集め、19年間を4回繰り返したそうです。

4分ずつコピーしてクリアファイルに保管。

教材の保管術も見習いたいです。

3分で分からない問題は解き方を見る

先日のこちらの記事でも書きましたが、

セミナールーム
早稲田アカデミー主催 筑駒・開成・灘 3校「算数」徹底分析会の感想早稲田アカデミー主催の【筑駒・開成・灘 3校「算数」徹底分析会】に参加しました。各校の入試の基本的な特徴を知ることができ、算数学習の指針となりました。...

特に筑駒などの試験時間が短い学校の入試では、瞬時に解き方の方針を決めなければなりません

なので、

  1. 3分考えても分からないなら
  2. 解き方を見て理解して
  3. 自分でも解く

これをサクサク回していくのが効率の良いやり方だと。

私もそう思います。

入試直前の心構え

入試4日前までに「もうすることがない状態=思い残しゼロ」にもっていくのが理想だそうです。

ゆめねこ
ゆめねこ
これは大きな目安になりますね。

 

ありがたい助言。

また、親としては、募集要項や願書は2部ずつ用意し、書き損じに備えたり、夫婦で見直したりするように…とのことでした。

受験の年はクリスマスやお正月気分はなしにして、通常運転するのが良いとのことです。

通学時間は1時間40分が限界

なんと、佐藤家から灘中学までは1時間40分かかるそうです!

通学にも体力要りますね。

ゆめねこ
ゆめねこ
お子さんたち、6年間よくがんばられましたね!

 

でも、女の子はもっと近いところに行ってほしいな。

電車通学ってだけで心配です…😓

受験校の決め方

6年生の4月に偏差値が15足りなかったら志望校を変更したほうがいいというのが佐藤ママの試験です。

こちらも1つの目安ですね。

あとは塾の先生と相談するのが良さそうだなと思いました。

また、実際に受験する学校としては、

  1. 一番行きたい本命校
  2. 必ず合格できる学校
  3. 必ず合格できる学校に万一落ちたときに行く学校
  4. 難しいけれど受けてみたい学校

がオススメで、①の前に②を持ってくるのが日程的には理想とのことです。

1つでも合格を確保していると安心感が違いますよね。

まとめ

私は兼業主婦で、なかなか子供のことだけには時間を割けないのだけど、それでもできることはあると思います。

引き続き、気を引き締めて、黒子に徹してがんばろうと思います。

関連記事