本・WEBサービス

子供に「手帳習慣」をプレゼントすれば「勉強しなさい」を言わなくて良くなる!

勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

数ヶ月前に、こちらの本を読みました。

『勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう!』

 

兄は、勉強しなくはないのですが、全体の見通しや計画性を持ってはやってはおらず…。

(小学3年生にはまだ早いのだろうか…。)

気付くと、1日がなあなあに過ぎていくこともあったので、「これは…」と思い、手に取りました。

これまでも子供の時間管理タスク管理については、あの手この手で試行錯誤をしてきましたが、今の兄には、これが年齢的にもぴったり来ているようで、4ヶ月続きましたので、記事にしてみました。

本の内容

「子供に、自ら時間管理ができるようになってほしいなら、子供にも手帳を使わせてみましょう」というのが著者の石田勝紀さんのお考えです。

手順は非常にシンプルです。

  1. 子供が気に入った市販の手帳を買う。100均のものでもOK。
  2. 1週間分のやるべきことを自分で書かせる。
  3. できたことをマーカーで消していくだけ。

※「ポイント制」を導入しても良い。うちはまだやっていません。
※やるべきことを自分で書けないうちは、親がやっても良いのでは。

 

こんなに簡単な仕組みなのに(簡単だからこそ?)手帳を書いて、消し込んでいく習慣がきちんと身に付く、という内容です。

手帳を与えて、4ヶ月実践してみた

我が家でも4ヶ月実践してみました。

これは、今後も続くような予感がしています。

100均セリア(Seria)で購入した紺の手帳。

diary3

1週間分の予定を書いて、終わったものを塗りつぶしてみました。

「ランドセル」は「明日の学校の準備」という意味です。

いつも忘れがちになってしまうことがここから分かります。

縦ラインの右側は、習い事やその他予定を書き込んでいます。

diary5

1週間の予定を書くのが、本人の中でちょっとネックになったみたいで、ここ数週間は私が代筆しています。

ゆめねこ
ゆめねこ
中断してしまうよりは、絶対いいと思います。

習慣化するまで、絶対継続したいので多少のルール変更はOKとしています。

diary1

1週間の予定を書くときも、時間をかけるのはもったいない!

なので、略語を多用しています。

  • HW=学校の宿題
  • ラン=明日の学校の準備
  • =大便(^^;)
  • CD=掛け流しCDをONにする
  • =公文
  • =ピアノ
  • そろ=そろばん
  • きら=きらめき算数脳(今、取り組んでいる問題集 ▼こちら)
ひらめき電球
絶対やるべき! 難しいけど楽しい『きらめき算数脳』で思考力を養おうこんにちは。ゆめねこです。 「SAPIX(サピックス)」という塾はご存知でしょうか。 私が高校まで住んでいた地域にはなく、大...
diary2

まとめと今後

今は単にカラフルに塗っていく消し込みスタイルが好きなようで、思いのままに塗らせています。

だけど、今後、習慣が確固たるものになったときには、「その日にできなかったけど後からできたものは〇色」などと決めると、さらに改善点が見えてくる手帳になるでしょう。

あとは、1週間が終わったら、親がコメントを書き込むのもやってみようかと思っています。

 

TO DOリストでよくやるのは線で消すものですが、マーカーで塗るのは、これはこれで「なんか気持ちいい」んですよね。

ゆめねこ
ゆめねこ
後から見返してもきれいですし。

ぜひ、試してみてください♪

関連記事