アイディア・グッズ

リビング学習のデメリットをカバー。効果抜群の「学習室」グッズ

リビング学習

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

最近、リビング学習の効果がさまざまなところで報告されているので、お子さんがリビング学習をしているという方は多いと思います。

ですが、こんなお悩みをお持ちではないですか?

リビング学習の難点

数あるリビング学習の利点。

でも難点もありますよね。

ゆめねこ
ゆめねこ
下の子が遊んでいると、上の子の気が散って、集中してくれない。

 

などなど。

我が家も、妹が、放っておくとずっと踊っているような子で騒がしく、兄も妹と遊びたいので、集中力が途切れて困っております…。

それでも、個室を作るより、リビング学習のメリットのほうが我が家には大きく、リビング学習を続けたいと思っているので、対策を考えました。

ゆめねこ
ゆめねこ
そこで、購入したのが、こちらです。

自分専用の持ち運び可能学習室

衝立タイプ

yamazen_gakushushitsu
※画像はメーカーサイトよりお借りしました。

視界が遮られるので、他の家族がテレビを見ていても大丈夫です。

ゆめねこ
ゆめねこ
当たり前ですが、音は聞こえてしまうので、イヤホンをして見るなどしたほうがいいですね。

マットタイプ

私が購入したのは、上記の衝立タイプですが、マットタイプのものも売っていました。

yamazen_gakushushitsu2
※画像はメーカーサイトよりお借りしました。

これは、ご飯のときなど、さっと移動できて便利です。

また、消しゴムのカスはマットの上なので、そのまままとめて捨てることができます。

まとめ

これで、自分だけの個室のようなものができて、勉強に(ある程度)集中できるようになりました。

音は無理ですが、少なくとも視界はかなり限定的になるので、気が散りにくいんですね。

ゆめねこ
ゆめねこ
秘密基地感覚で楽しんで使っています。

 

暗記ものを付箋に書いて、自分の秘密基地に貼ったりしています!

これで、にぎやかすぎる妹に打ち勝って勉強をがんばってほしいな。

リビング学習
毎日合宿気分! 2人の子供の知育を同時にはかどらせる方法大人1人で2人の子の勉強を見てあげるのはなかなか大変です。それでも、なるべく平等に、効率的に、時間を無駄にせずに見られる方法を考え、実践してきたのでご紹介します。「下の子はどうしても放置気味」という方、必見です。...
関連記事