本・WEBサービス

『英語で一流を育てる―小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める家庭学習法』

英語で一流を育てる

こんにちは。ゆめねこです。

『英語で一流を育てる』という本を読みました。

著者紹介

著者は、廣津留 真理さん。

英語教室を開いてらっしゃって、大分駅徒歩5分、雑居ビルにある。

授業は週1回たった75分だけ。

4歳から18歳まで無学年制で、一般家庭のお子さんばかり一度に10人ほどが集う。

そこから、「小2で英検準2級に合格」「小学生でも大学入試レベルがスラスラ読める子供たち」が続出。

さらに、著者の長女も、塾なしで地方公立からハーバードに合格

英語学習においては単語が重要

たくさんの手法が書いてありましたが、一番心に残ったのは、単語暗記の重要性を強調されていたこと。

「ハーバードの英語は単語が9割」だと、ハーバードに入った、著者の娘さんが言っていたようです。

役立ちそうな情報満載でしたが、あとは、大人の自己啓発書同様、ちゃんと実践するかどうかが重要だなぁと思います。

牛乳パックをカード状に切って、油性ペンで書いて、漢字学習をお風呂に持ち込むことをやっていましたが、切るのが意外と面倒でして…。

お風呂で漢字カルタ
【簡単手作り】寒い季節に! 牛乳パック漢字カルタでお風呂で遊ぼうこんにちは。ゆめねこです。 我が家の兄ムーは、漢字を2,3年先取りしています。 小2現在、先日漢検7級を受験してきました。 ...

この本にも同じく「牛乳パック活用勉強法@お風呂」が書いてありましたが、なんと牛乳パックを単に切り開いて1枚の紙にしただけ

そこに単語を書き込んでいって、お風呂で覚えるのです。

「カード状に切らなくて良いじゃん!」と、割と当たり前のことに気付けて良かったです。

風呂勉は子供のウケもいいですよ♪

単語を覚える作戦

さてさて、単語の覚え方。

1週間(5日間)に100語覚えよう…!

とあります。

例えば中1英単語は600なので、6週間(1ヶ月半)で制覇

定着させるためにもう1周させる。

3ヶ月で完了、ということらしいです。

1日目→20単語を2分で。

2日目→復習プラス当日20個 3分で。

3日目→同様。5分で。

4日目→同様。7分で。

5日目→同様。10分で。

これで1週間で100語

もしくは1日100個を10分で毎日でもOK。

意外とゴリゴリやるんだなという印象…(^^;)

でも、以下の記事でも書いたけど、記憶の定着には当然だけど、復習・反復が必須なので、このやり方は理にかなっていると思います。

脳にまかせる勉強法
記憶力を上げる方法が知りたい! 『脳にまかせる勉強法』で記憶力アップこんにちは。ゆめねこです。 あなたは記憶力が良いですか? 私の職場には驚くほど記憶力が良い先輩がいて、本当にうらやましい限り...

その他の工夫

その他、下記の工夫も真似したいと思います。

・2メートル先に声を飛ばすイメージで元気に音読。

・シャドーイング(英文見ない)とオーバーラッピング(なぞりながら、同時に発声)が大事。

オーバーラッピングは公文英語でやっていたので、シャドーイングもさせてみようかな。

まとめ

この本に書いてあったのは、なんと単語帳を与えて覚えさせていくという、意外に楽しくなさげな地道な古典的な勉強法だった。

子供の英語を『歌で誤魔化さない』と書かれていたのは、ほんとそうだなと思った。

DWE(ディズニー英語システム)や、CTP(creative teaching materials)みたいに文法が考えられた歌なら別だけど。

「歌は英語に馴染むきっかけとしては良いよね」って思うけど、それだけではだめ。

とりあえず、兄には準2級の単語帳を与えてみた。

大声でブツブツやっていますが、「begの『請う』って日本語どんな意味?」とか質問しにきます。

ゆめねこ
ゆめねこ
「確かにピンとこないよね」

母語である日本語力も同時に育てていけば、もっとスラスラと暗記が進むと思います。

最後に大事なこと。

頭のいい子を育てるには、『家族がとっても仲良し』なのが大切だそうで、ついプリプリしてしまう私は反省しなければ。

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事