本・WEBサービス

『【七田式】子どもの「天才脳」をつくる33のレッスン』実践したこと

バラ

こんにちは。ゆめねこです。

兄が小さいころに『【七田式】子どもの「天才脳」をつくる33のレッスン』という本に出会い、実践してきたことをまとめたいと思います。

そこには、多くの子育てtipsが書かれており、とても参考になりました。

無理なく実践できるものばかりですので、おすすめです。

読み聞かせ

1日10冊の読み聞かせ。

暇があれば読み聞かせをしていました。

ねんねのころはじっくり読み聞かせできていましたが、ハイハイのころは移動しながら読み聞かせていました。

子供がページをめくれるようになってからは、子供の開いたページを読むのでOK。

文字が大きく、繰り返しフレーズの多いものがベストとのことでした。

これは保育園の先生に教わったのですが、子供は繰り返しが好きです。

なぜかというとホッとするからだそうです。

なので、

・繰り返しフレーズが多い本を読む

・お気に入りの本を何度も何度も読む

・読書のほかにも、日常生活でもルーティーンを守りたがる

そうです。

フラッシュカード

フラッシュカードのポイントは「高速」と「大量」。

私は公文のカードと家庭保育園のカードでやっていました。

あまり無機質な感じにならないようにしていました。

色彩遊び

色つきの小さい玉を、同じ色の容器に取り分ける遊びで色彩感覚を育てる。

ダイソーで売っている↓の玉を使って、何度も何度も繰り返しました。

ダイソー デコレーションボール
【1歳】手指の巧緻性を訓練。圧を加えるタイプのポットンボックスこんにちは。ゆめねこです。 手指の巧緻性を高めるおもちゃのことを何度か書いております。 子供たちが乳児~幼児だったこ...

絵の具でいろんな色を作ってみる。

これも、準備と後片付けが面倒なのですが、何度もやりました。

図形遊び

0-3歳までに基本10形を徹底的に覚える。

丸、三角、正方形、長方形、楕円、星形、十字形、五角形、六角形、台形。

「お部屋の中にある三角、探してみようかー?」

などとやっていました。平面が理解できたら立体へ。

shichida1

積み木

この本を参考に、積み木の遊び方のひとつとして、「お母さんと同じもの作ってね」というのを何度もやりました。

できるようになったら、視線を遮るように紙で隠して再現してもらいました。

「10数えたら消えちゃうから、よぉく見ててね。その後で同じものを作ってね」

0-3歳までで6個くらいクリアできるように練習していきました。

ESP遊び

直観遊びのようなものです。

これは、ちょっとスピリチュアル入っちゃってるかな?と思うときもあるんですが、おもしろいので今もたまにやっています。

親が頭に思い浮かべた図形や色を当てさせる。

どちらの手にものを握っているか当てさせる。

今度の電車はどちらから来るか当てさせる。

繰り返し繰り返しやってみる。

トランプ等でもできます。裏返して、ハートはどれか直感で選ぶなど。

感じる力が育まれるそうです。

連想ゲーム

連想ゲームは、子供が保有している言葉のアウトプットとして最適です。

バス待ちのときなど、大量にやってました( *´艸`)

お絵描き遊び

大きな紙を与えるのがポイント。自由な殴り書きが運筆力へとつながるそうです。

我が家ではホワイトボードも活用しています。

ホワイトボード学習
ホワイトボード学習の魅力。全身使って自由に表現、脳に限界を作らないホワイトボード学習の魅力、利点、効果について解説。さらに、設置の仕方の一例をご紹介しています。...

自己紹介ゲーム

年齢+1くらいの項目数を目安に自己紹介させる。

6歳になったら、1分間自己紹介に挑戦とのこと。

兄8歳、自己紹介は卒業し、今は2分間スピーチをたまに家でやっています。

時刻の意識

「○時だから寝ようね。」「○時だからおやつ食べようか。」などと、普段の声かけから時刻を意識させる。

もしも作文

「もしもありさんだったら?」と語りかけて、語らせる。最初は母が代筆して。

100マス計算

6歳までに2分をきるのが目安。

shichida2

コップ積み

小さいころ、ずっとやってたな~。

shichida3

まとめ

どれもすぐに実践できるものばかりです。

ただ、習慣化できるかどうかが重要ですので、習慣になるまで、「メニューを部屋にはる」「手帳に書いておく」などして続けてみましょう♪

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事