100均

【1歳】手指の巧緻性を訓練。圧を加えるタイプのポットンボックス

ダイソー デコレーションボール
スポンサーリンク

こんにちは。ゆめねこです。

手指の巧緻性を高めるおもちゃのことを何度か書いております。

子供たちが乳児~幼児だったころ、こういうおもちゃで、たくさんたくさん遊びました。

「手指の巧緻性」とは、簡単に言うと、「手先の器用さ」のことです。

小さいころに指先をたくさん使って遊ぶことは、脳の発達にとても良いそうですので、どんどん指を使いましょう!

 

「手指をたくさん使う」と一言で言っても、

「ハサミで切る」「ノリで貼る」「紙を折る」
「ひもを結ぶ」「ひもを巻く」「糸を通す」
「紙を丸める」「紙をちぎる」「色を塗る」
「水を注ぐ」「玉をはじく」「玉をつまむ」「押し込む」

いろんな動作があります♪

バリエーションをもたせると楽しいです。

 

さて、「スティックを落とすタイプのポットン→」を一通りやった後は、「圧を加えて落とすタイプ」を作りました。

つまんでペットボトルの口に乗せて…。

指を突っ込んで落とします。

手指の巧緻性を高める知育グッズ

落としたらペットボトルの口からはポンポンは取れないので、ペットボトルの底に穴をあけてあります。

色を教えながら遊びました。

材料は、空いたペットボトルと、ダイソーの「デコレーションボール」を使いました。

ダイソー デコレーションボール ダイソー デコレーションボール
ゆめねこ
ゆめねこ
「100均は、知育グッズを作るのに必要不可欠ですね!」
ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ



最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク