100均

【1歳】作るの簡単すぎだが立派なおもちゃ。手指の巧緻性を高めよう

ペットボトル
スポンサーリンク

こんにちは。ゆめねこです。

以前、手指の巧緻性を高めるために最適なおもちゃのご紹介をしました。

こちらです。

以前紹介したおもちゃは、0歳から使えます↓

pottonbox4

意外と難しいので1歳からおすすめ

今回は、妹のミーが1歳2ヶ月のころに作ったおもちゃを紹介します。

「これをおもちゃって呼ぶなんて正気か?」と言われそうな代物です…( ^ω^)

 

でん!!!

potton_stick1

これです。

遊び方

遊び方は…。

「ぽっとん」と言いながら入れては…。

potton_stick2

出して…。

potton_stick3

その繰り返し。

以上!

ゆめねこ
ゆめねこ
「しかも、ふたも閉めようとするから、ふたの開け閉めの練習になるよー。」

その後、マラカスとして遊んでたなー。

その仕草すべてが愛しかったな。

potton_stick4

ペットボトルを2つ用意すれば、「中に入っている棒は、どっちが多い?」ゲームもできます。

 

知育玩具は手をかけずにさっさと作って、タイミングを逃さない方針です!

キリッ( ・`д・´)

言い訳…でした。

「マスキングテープなどで装飾」くらいはしてもいいですね。

ただ、かわいさはあまり気にしない年齢なので、そこまで手をかけたくないのが本音です。

作り方

もはや、この記述は要らないかと思うんですけど、一応書いておきます。

材料は以下の通り。

  • ペットボトル2本
  • ダボ(100円ショップダイソー)

以上です。

dabo1

こんなに簡単にできてしまうのに、ハマってくれれば、結構な時間、集中して遊んでくれますよ。

※誤飲注意※

効能

  • 0歳の時に作ったポットンボックスは、ボックスが固定だったのに対し、この棒落としは、ペットボトルを片手で持ちつつ、もう一方の手で棒を入れるという、両手必須の遊びなので、両手を一度に鍛えることができます(幼児にとっては最初は難しい動きです)。
  • 遠近感なども養えます。
  • どっちが多いゲームなどもできる。
  • 数を数えながら入れると、数唱の練習にもなる。
  • ふたの開け閉めの練習にもなる。
  • マラカスにもなる。

熱中してくれる時期が過ぎて、飽きられてしまったら、ササっと処分できるのも良い点です♪

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ



最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク