知育・教材

【年長】ピグマリオン、手作りミニドット棒で繰り下がりのある引き算

ドット

妹5歳、2年通った幼児教室をやめました!

それで、今日は久しぶりにピグマリオンに取り組みました。

ゆめねこ
ゆめねこ
久しぶりになっちゃったのは、反省…😓

幼児教室をやめたワケ

その幼児教室はとても良かったのですが、学年しばりがあり、レベルの柔軟性はなし。

そして年齢の割にはレベルがやや低めなんですね。

妹は冬生まれなので、入会当初、その学年のレベルとしてはちょうど良かったのですが、段々と力がついてきて、物足りなくなりました。

IQテストでもかなり伸びたので、効果があることは分かり、そのため、まだ通わせたかったのですが、レベルの柔軟性がないということでやめました

これからは思考力育成については家庭で取り組まなければなりません。

そこで引っ張り出してきたのがピグマリオンです。

ピグマリオンって何?

こちらの記事👇に詳しく書きましたが、

タングラム
幼児能力開発に最強の家庭学習「ピグマリオン」教材を一部ご紹介幼児教育で有名なピグマリオン。親の負担はやや多いけれど取り組み甲斐のある教材です。メリット・デメリットを徹底解説。教材も少しご紹介します。...

詰込みや暗記の「教える」方式とは違って自発的・自立的に「学ぶ」力を身につけさせることに主点を置いた教材です。

「ドット棒」などは知育の世界で割と有名なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

手作りドット棒で計算

幼児教室に通っていた安心感からか、思考力系の取り組みが疎かになっていたので、今週から土日はなるべくピグマリオンに取り組みたいと思います。

それで、今日は早速、ドット棒で繰り下がりのある引き算に取り組みました。

ドット棒は卓上で気軽に使えるよう、ミニドット棒を手作りしています。

ゆめねこ
ゆめねこ
本物は大きいんだ~💦

 

小さい子には大きめサイズがおすすめですが、5歳前後以降は、取り扱いやすいミニサイズ、結構いいですよ。

 

ドット棒は、数を集合体(集まり)として捉えるセンスを磨いてくれます。

ピグマリオンの伊藤先生は、パッと見て、数をあてることができるように、とおっしゃっていました。

つまり、「1、2、3」と数えるのではなく、「●●●」をパッと見て「3」と答えられるように、ということです。

サイコロでもこの感覚は磨くことができます。

詳しくは👇

ピグマリオンの導入! セリアのデカサイコロで『2才児のさんすう』に取り組むサイコロは知育に最適。小さい子が使うのに最適な「デカサイコロ」を100均で見つけたのでご紹介します。...

 

さて、今日取り組んだのはこういう問題です。

(1) 421 – 244 =

ピグマリオン ドット棒 手作り

久しぶりだったので手間取っていましたが、次第に慣れて、回答できるようになりました。

まとめ

妹、4歳10ヶ月から取り組み始めたピグマリオン。

割といい線まで行ってたのに、やめたら結構忘れちゃってた。

何事もそうだけど、これ、さぼったらだめね…。継続しないと。

ゆめねこ
ゆめねこ

兄のときは妹の育休中だったので時間があって取り組めたけど、今は仕事しながらだから厳しい…。

兄の中学受験伴走もあるし。

 

それでも、平等に教育したいから、がんばろうと思います!!

また、自分を奮い立たせるために、ピグマリオン記事書きます。

積み木の問題
小学校お受験対策では必須。積み木の問題で構成把握・空間把握チェック小学校入試では頻出の「積み木の問題」「ブロックの数」。お受験をする・しないにかかわらず、幼児のうちから取り組んでおくべき問題です。この取り組みで得られる能力とは?...
関連記事