アイディア・グッズ

もう限界! つらいワンオペ育児を、なるべく楽にしよう(1)

幼児

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

我が家の兄(9歳)は、まだまだ手のかかる妹(4歳)と、親よりもずっとうまーく遊んでくれます…。

本当に感謝してます。頼もしいです。

幼児の相手って大変ですもん。

9歳になった兄に深く感謝(笑)しながら、その兄が幼児だったころのことを思い出しました。

不慣れな子育てで消耗

兄が幼児だったころ、夫も私も仕事が忙しく、新米父母は育児と仕事の両立に頭を悩ませていました。

どちらかが早く退社し、保育園に迎えに行き、寝るまでちっこい兄の世話。

もう片方は、その日は思いっきり残業に専念できる、という仕組みです。

ゆめねこ
ゆめねこ
それを毎日交互にやっていました。

2人同時に早く帰宅し、一家3人で過ごせたら、それはとても「楽しく」「楽(らく)」だったと思うのですが、それは仕事量的にかないませんでした。

なので、交互に残業、交互に子供の相手。

子供のことはもちろん大好きだけど、言葉の通じにくい幼児の相手をするのは、残業より大変でした。

moon幼児のテンションは基本的に謎ですし、ムラがあるので、疲れます。

「好き」という気持ちがあっても、疲れるもんは疲れるんですよね。

ゆめねこ
ゆめねこ
言葉や気持ちが通じにくい相手と2人きり、マンツーマンで何時間も、何をして過ごせばいいのやら。

例えば、お絵描きをさせてみても、集中できるのは数分~数十分。

飽きたらすぐワーワー言うので、また次の一手を探し出さなければなりません。

「早く寝てくれないかな」

「早く夫が帰ってこないかな」

そんなことばかり考えていました。

消耗せず、ポジティブに育てたい

でも、そんな「なんとかやりすごす」というマイナス思考から抜け出したくて、子供と2人きりでも消耗せずに、なるべく楽しく過ごせる方法はないかと探してみました。

ゆめねこ
ゆめねこ
「消耗せずに」と言うのがポイントです。

例え、ノリや気合いで1日乗り切れたとしても、疲れてしまえば続かないからです。

また、ノリや気合いで親が頑張ってしまったら、それはそれで素晴らしいことなのですが、幼児は「遊んでくれるじゃん」と味を占めて、より一層謎のテンションに…。

かと言って、生返事(なまへんじ)や無視をすることは避けたいですよね。

ゆめねこ
ゆめねこ
なるべく消耗せずに、子供とちゃんと関わる方法はないかな?

私が先人の知恵を借りつつ、自分がとった方法をいくつかご紹介したいと思います。

先にまとめを言ってしまうと、「なるべく消耗せずに、言葉を口に出す」ことをやっていました。

具体的に書きます。

なるべく消耗せずに、子供とちゃんと関わる方法

1. 散歩、子育て支援センター、託児サービス付きイベントにでかける

体力があるならば、難しいことを考えずに外に出れば何かしら目に入ってきます

こちらから話しかけなくても、子供自身が、目にしたものの感想を言ったり、疑問を投げかけたりしてくるので、それをオウム返ししましょう。

「あ、犬だ」→「ほんとだ。犬がいたね」

「どんぐりあった」→「おお、どんぐりだね」

「なんで、お月様ってついてくるの?」→「うーん。なんでお月様はついてくるのかな」

こんな感じで大丈夫です。

enlish-phrase3

何も言ってこなければ、黙っていてもいいと思います。

子供は、外の世界を子供なりに観察している時間なので。

散歩をすることで体力もつくし、散歩で疲れたら夜も早く寝てくれるので、いいことばかりです。

と書いておきながら、実は私は超インドア派。

ゆめねこ
ゆめねこ
外に出るのは好きではありませんでした。

それでも家で2人きりでいるよりは、意外と楽でしたよ。

公園も良いけれど、空調のきいた部屋に座っていられるので(笑)、2歳くらいまでは、公園よりも「子育て支援センター」によく行っていました。

子育て支援センターって、「ママ友をつくる」とか「派閥・グループがある」とか「登録とかルールとかめんどくさそう」と敬遠する人もいるかと思います。

でも、「今日はテンション低めでいきたいな」と言うときは、部屋の隅にひっそりといればいいんです。

ゆめねこ
ゆめねこ
それでも、全然OK。

子供は(目は離せませんが)割と安全な環境で遊んでくれますし、そんなに気負わなくてよく、よく利用させていただきました。

地域によっては、託児サービス付きのイベントが催されています。

ゆめねこ
ゆめねこ
私は、育児休暇中に参加した、アンガーマネジメントの講座や、整理収納講座が役立ちました。

数時間でも子供と離れる時間が持てたのは、リフレッシュできて本当にありがたかったです。

託児サービス付きのイベントは、区市町村の広報紙(市報・区報など)に掲載されていたり、子育て支援センターに掲示されているのでチェックしてみましょう。

 

2. テレビ・Youtubeを見ながら、言葉を発する

「テレビを見ながら、子供と話す」ではないです。

「テレビを見ながら、言葉を口から発する」それだけでOK。

ゆめねこ
ゆめねこ
テレビは、1人きりで見せっぱなしにしなければ、時間を決めて見せていい、と思っています。

まだお子様が話せない月齢でも、こちらから語り掛けるだけでいいんです。

「このお月様、面白い色だね」

「お姫様、優しいね」

「おいしそう。今度、焼き肉食べたいね」

こんな感想をただ述べるだけでOK。

反応が返ってきても返ってこなくてもOK。

(これはまた別の機会に書きたいと思いますが、まだ反応がない時期でも親の語り掛けって、何らかの形で子供の中に蓄積されていっています。)

youtube上記は、「感想を交えた語り掛け」ですが、感想を述べる気力すらないときは、ただの「実況中継」をすればいいです。

「あ、馬が走ってるね」(「速いね」などと言わなくていい)

「あ、王子様が来たね」(「かっこいい」とか「よかったね」とか言わなくていい)

こうした語り掛けでも、お子様の語彙はどんどん増えていきますのでおすすめですよ。

兄自身も、大きくなってから「アンパンマンをみて覚えた言葉が結構ある」と言っていました。

続きは、こちら↓

infant2
もう限界! つらいワンオペ育児を、なるべく楽にしよう(2)子育てって楽しいけれど疲れますよね。一見手を抜いてない風の手抜き術をご紹介します。...
関連記事