アイディア・グッズ

言うこと聞いてほしいなら! 子供には「命令」ではなく「許可」を与えよう

ピアノ

こんにちは。ゆめねこです。

うちの兄は、ピアノを絶対にやめたくないと言います。

(4歳後半から始めて、長く続いている習い事です)

絶対にやめたくないというほど好きならば、毎日進んで練習すると思われるかもしれません。

でも、そんなことはないです(^^;)

いまだに、なぜ「絶対やめたくない」のか分からないです。

私も特に続けてほしいというこだわりがないので、「練習しないのなら月謝も時間も無駄になるのでやめて」と何度も言ってしまいました。

でも、その声掛けにも、違和感を感じていました。

「△△するなら□□」という交換条件や、「〇〇しないなら□□」という脅しがあまり好きではないからです。

※「脅し」という言葉は過激ですが、ある先輩お母さんが「〇〇しないなら□□」というのは脅しとおっしゃっていて、妙に納得しました。即効性があるけれど、本質的な解決にはなっていない、と。この話はまた別の機会にできたらと思います。

かと言って、「〇〇しなさい」という命令も気持ちが萎えますよね…。

どうしたらいいんだろうと考えていたところ、以下の本『0-5歳で決まる!脳の力を無限に引き出す幼児教育』を読み、ある一説が心に残りました。

子供には「命令」ではなく、

「許可」を与える。

これはすごく効果的だと思いました。

 

実際、

ゆめねこ
ゆめねこ
「ピアノ練習しなさい」

ゆめねこ
ゆめねこ
「ピアノ練習していいよ」

に変えただけで、ルンルンとした感じでやっていました。

english-phrase-3

子供も命令や脅しにあわずにうれしいだけでなく、親もストレスから解き放たれますよ

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事