アイディア・グッズ

言うこと聞いてほしいなら! 子供には「命令」ではなく「許可」を与えよう

ピアノ
スポンサーリンク

こんにちは。ゆめねこです。

うちの兄は、ピアノを絶対にやめたくないと言います。

(4歳後半から始めて、長く続いている習い事です)

絶対にやめたくないというほど好きならば、毎日進んで練習すると思われるかもしれません。

でも、そんなことはないです(^^;)

いまだに、なぜ「絶対やめたくない」のか分からないです。

私も特に続けてほしいというこだわりがないので、「練習しないのなら月謝も時間も無駄になるのでやめて」と何度も言ってしまいました。

でも、その声掛けにも、違和感を感じていました。

「△△するなら□□」という交換条件や、「〇〇しないなら□□」という脅しがあまり好きではないからです。

※「脅し」という言葉は過激ですが、ある先輩お母さんが「〇〇しないなら□□」というのは脅しとおっしゃっていて、妙に納得しました。即効性があるけれど、本質的な解決にはなっていない、と。この話はまた別の機会にできたらと思います。

かと言って、「〇〇しなさい」という命令も気持ちが萎えますよね…。

どうしたらいいんだろうと考えていたところ、以下の本『0-5歳で決まる!脳の力を無限に引き出す幼児教育』を読み、ある一説が心に残りました。

子供には「命令」ではなく、

「許可」を与える。

これはすごく効果的だと思いました。

 

実際、

ゆめねこ
ゆめねこ
「ピアノ練習しなさい」

ゆめねこ
ゆめねこ
「ピアノ練習していいよ」

に変えただけで、ルンルンとした感じでやっていました。

english-phrase-3

子供も命令や脅しにあわずにうれしいだけでなく、親もストレスから解き放たれますよ

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ



最後に…。

ブログを読んでくださった「中学受験予定の方」に、プチ情報(無料)✨

・中学受験塾選びを迷っている方
・通塾中だけど塾の活用法が心配な方

が必見の無料情報冊子があります。

それは、SS-1という個別指導塾が発行している『合格を決める塾の使い方』

合格を決める塾の使い方
こちらのページの【緑のボタン】から、1分で資料請求できます!

私がいただいたのはSAPIX版ですが、塾別冊子には他にも四谷大塚版などがあります!



実際に私が資料請求して中身をご紹介した記事はこちら

上の冊子と社会の無料授業動画がイチオシです。

営業電話などはかかってこなかったのでご安心を♪

「無料でここまで?」という内容なので、是非資料を取り寄せて塾の成績を最短で上げる秘密を探ってみてくださいね。



スポンサーリンク