知育・教材

2分で作成! 母の自作プリントで、算数と国語を毎日楽しもう

ひらがなスタンプ

こんにちは。ゆめねこです。

我が家は、今、兄妹ともに公文をやっていますが、妹の算数の進度がとってもとっても遅いです。

これ、兄が小さいころもそうだったんですよね。

算数は、なぜかやたらと慎重に進める先生なので、もうだいぶ前から数字を書けるのに、いまだに数字の練習をしています。

ゆめねこ
ゆめねこ
「3巡目か4巡目で、
そろそろ辞めたくなってきました(´;ω;`)」

※兄は同じころ、あまりの繰り返しの多さに、辞めて、自宅学習に切り替えました。

本来であれば、共働きということもあり、しばらくは公文にほとんど任せていきたかったところですが、こういった事情で任せられないので、算数は手作りプリントを作っています。

3,4歳用であれば、親御さんが1枚2分以内で作れます♪

プリント例

特に決まった作り方はないのですが、画像を載せたほうが分かりやすいと思うので、月齢別に複数枚載せてみますね♪

3歳8ヶ月のころ

例えば、これは妹のミーが3歳8ヶ月のころのプリント。

数字を練習したいなと思ったら、お手本を書いて、それをよく観察してもらい、何度も繰り返し書く練習をしてもらうだけです。

numbers
巻き尺
【年少妹】この段階ではドリルは不要♪ 3歳からの数字を書く練習 こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。 妹ミー、小さいころから数字が大好きでした。 英語...

それで数字を書けるようになってきたら、計算の答えを自分で書かせます。

3歳10ヶ月のころ

以下は3歳10ヶ月のころ。

3y10m

国語にも取り組みたかったので、右の欄に単語読みを入れました。

カタカナは、まだ読みが完璧ではなく、青丸は読めなかった、もしくはスラスラ読めなかったもの。

読めなくても丸が欲しいだろうから、青にして丸にしてます。

毎日毎日、同じようなプリントをしていると、小さな進歩が観察できます。

それで、自分で軌道修正できるのが自作のいいところです。

欲張らずに、ほんっとにスモールステップで難易度を上げている

飽きて「嫌」と言われるまで、基礎固めしまーす。

3y10m2

「プリキュア」など、興味のある単語を入れておけば、食いつきも抜群!

これで「キュ」など拗音が読めるようになるのだから、使わない手はないです♪

3y10m3

例えば、3+5のときは、

以前までは、左手に3、右手に5を作り、カウントオールという方法で、つまり、全てを、いち、に、さん、と数えておりました。

それが、今では、3と5を作り、これは8の指と暗記しており、サッと8と書きます。

4+2の場合、これも、

以前まではカウントオールでしたが、

今では、左手に4を作り、右手に2を作って、2のうちの1を左手に即座に移動させ、5と1にし、「これは6の指」と暗記しているので、サッと6と書いています。

この手法、教えるか迷ったのですが、自分で発見して、数日でモノにしていました!!

感激!!

ゆめねこ
ゆめねこ
「自宅で、自作してじっくり教えているからこそ、思考の成長に気付けました!」

※兄のこの時代は、働き過ぎで見過ごしてしまいました…。

 

引き算もどんどん入れていきました。

3y10m4

4歳1ヶ月のころ

この辺は4歳になってから取り組んだプリントです。

2桁+1桁など出してます。たまに漢字も。

4y2m

私が作って置いておいたら、兄が難易度を★で表現していました…(^^;)

4y2m2

まとめ

親御さんがご自身でプリントを作成し、それを子供がやるのを毎日観察していると、

例えば、

ゆめねこ
ゆめねこ
「我が子は【サ】と【セ】が判別できていないな」

とか

ゆめねこ
ゆめねこ
「【9+2】はできるけど、【9+6】はよく間違うな」

ということが、即座に分かります。

すると、

ゆめねこ
ゆめねこ
「次のプリントには【サ】と【セ】を多めに入れよう」

とか、

ゆめねこ
ゆめねこ
「次は【9+6】や【9+7】を並べて入れてみよう」

といった工夫ができるわけです。

プリントの題名も「たのしいプリント」とか「ミーのプリント」とか、ちょっと取り組みたくなるようなプリント名にしてます(左上に書いておく)。

「今日も、『たのしいプリント』やるやる~」とか言って、進んでやってます♪

ーーーーー

4歳くらいまでは、くもんのこどもえんぴつ 6Bをおすすめします。
良質な木で作られているのが、手に取るとすぐに分かります。

created by Rinker
くもん出版(KUMON PUBLISHING)

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ
関連記事