おうち英語

子供が英語を話し出す! 英語育児(幼稚園・小学生)は、語り掛けが効果抜群

子供に語り掛ける母

こんにちは。ゆめねこです。

私は日常的に英語を使う仕事をしておりますが、実はとっても英語が苦手です。

「英語を使う仕事をしてるんだから、英語ができるのでは?」と思われがちですが、リスニングなど壊滅的です。

育休からの復職時に「私が英語ができる」というデマが流れ、英語を使うチームに配属になりました…。

こんなことがあって良いのだろうか。

デマ流したの誰やねん(-_-;)

受け入れチームメンバーも、私が来てガッカリだったと思います(今、毎日勉強してます)。

なので、子供のころに戻れるなら、親に「英語を習わせて」と言うと思います(あと、そろばんも)。

そこで、自分の子供には英語(と、そろばん)に小さいうちから触れさせていました。

語り掛けは、英語育児に効果抜群

とはいえ、兄のムーの小さいころは、英語育児もかなり手探りで、もっぱらDVDやCDなどの英語音源の掛け流しをするのみでした。

音源の掛け流しが悪いわけではないのですが、今、あのころに戻れるならば、必ずそこに加えたいのが、「英語での語り掛け」です(他にもありますが、いずれ別記事に)。

妹のミーには、英語での語り掛けを0歳からやっていましたが、やはり兄妹を同月齢で比較したとき、英語の発話量が違っていると思います。

ミーのほうが英語発話が多いし、スムーズです。

兄もそこそこ挽回した

兄のムーの本格的な英語育児開始は4歳10ヶ月のころ(妹は0歳4ヶ月)。

家で、英語での語り掛けを始めました。

英語で話しかけると特別感があるみたいで兄はご機嫌だったし、例え、間違った英語だったとしても、英語で返事をしてくれるようになりました。

「これを英語でなんて言うの?」って何度も聞かれましたし、しまいには私のフレーズ集を自分で読んでいました(笑)

カタカナ表記があるから読めるみたいで覚えてしまい、私が部屋を散らかしていると「レッツクリーンナップ!(Let’s clean up‼︎)」などと言われたりもしました。

妹が言葉を発し始めたとき

妹のミーが初めて言葉を発したのは、0歳10ヶ月のとき。

最初の発話こそ日本語でしたが、英語での語り掛けの蓄積があったのか、すぐに英語を話すようになりました。

「これは、ネイティブ並みになれるんじゃないの?」と本気で思ったものです。

english-phrase-3

母の復職とともに失速

順調に見えた英語育児。

ところが、母の復職(ミーの育休からの復職。2017年)とともに、子供たちの英語発話は失速しました。

というのも、ミーは保育園で長時間過ごすようになり、そこは、もちろん日本語オンリーの環境でした。

ムーは、このタイミングでは、日本語に触れている時間の変化はありませんでしたが、私の帰宅が遅いため、英語に触れる時間が急激に減りました

私も、久しぶりの仕事復帰でかなり疲れており、帰宅後に英語を話す気力もありませんでした(英語を話すのは頭が疲れます)。

それに、日中、子供たちと離れているので、帰宅後くらい、たくさんのことを子供たちと話したかったので、日本語で会話をするようになりました。

結果、兄妹ともに、英語をほとんど話さなくなりました。

MOTTAINAI

気付いた時には兄妹の口から英語は消え失せ、完全に忘れてしまったかのようにみえました。※【りんご=apple】くらいは分かりますが。

「あー、もったいなかったな」と、英語育児を諦めようかと思いました。

でも、「同じ『もったいない』でも、『もったいないから、再挑戦してみよう』のほうがいいやん」と思い、再挑戦をすることにしました。

2018年半ばからは英語での語り掛けを復活させ、今、また兄妹は不完全ながらも英語をたまに話すようになりました。

english-phrase-2私も、幼児相手ならできたけど、小学生と小難しい話をできるほどの英語力は持ち合わせていないので、「生活の2割くらいを英語にしよう」と気楽に考えているのが長続きの秘訣かもしれません。

これからも、英語での語り掛けはゼロにしないように心がけて過ごしていきたいと思います。

 

おすすめ語り掛けフレーズ集のご紹介はこちら

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。

にほんブログ村 教育ブログへ