本・WEBサービス

いい子に育つ! 6,000回のおむつ替えを思いっきり楽しもう

おむつをはいた赤ちゃん

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

今日はおすすめの子育て本をご紹介します。

いい子に育つ!6000回のおむつがえ

こちらの本によると、赤ちゃん1人あたり、6,000回のおむつ替えを行なっているそうです。

6,000回もおむつ替え?!

1日に7回替えるとして1年間で2,555回。

2歳過ぎにおむつを卒業するとして6,000回。

とあったけど、うちの兄は、おむつ取れたのは3歳過ぎですし、0歳代は7回以上替えてたし、妹と合わせたら確実に12,000回は替えたわけですね!!

まぁ、でも、兄は0歳から保育園だし、父、祖父母にも替えてもらっているから、私1人が替えた回数だと2人合わせて6,000回くらいかなぁ。

ゆめねこ
ゆめねこ

それでも6,000回。改めて数字にするとすごいなぁ。

この本はそんな気付きをたくさん与えてくれる本でした。

6,000回もあるなら、より大事にしたい時間

6,000回も替えるなら、その時間をより大事にしようと思いました!

赤ちゃんのぷにぷにの肌は、お母さん(お父さん)へのご褒美なんですって。

この考え方、とっても素敵だと思いませんか(^^♪

私はしーっかり堪能したし(笑)、妹はまだまだぷにぷにしているので、現在進行形で堪能してます。

ゆめねこ
ゆめねこ
かなり癒されます!

もし、「そんな風に考えたことなかった」「おむつ替えはただの作業だと思ってた」という方がいたら、今日から是非ぷにぷにを堪能してください(笑)

予告してから、おむつを替えよう

また本には「予告してから、おむつを替えよう」と書いてありました。

赤ちゃんはまだ話さなくて一方的な感じはあるかもしれないけど、おむつ替えの予告は立派なコミュニケーションです。

「予告して替えておしまい」ではなく、5分ほどそのまま話しかけ続けるのも、いい機会かもしれないですね。

私は、英語育児をしているので “Let’s change your diaper!” と言って変えていました。

兄のおむつ替えの思い出

兄のときは、育休中はそれはそれはいとおしいと思いながら、おむつを替えていました。

心の余裕もあったし。

でも、その後…。

私の職場復帰が早く、復帰後の仕事もすごく忙しかったし、初めての育児で力の入れ方が分からず腱鞘炎になったりで、おむつ替えが苦痛で仕方なくなった。

大便の時は、夫婦でじゃんけんをして負けた方がお尻を拭く係、勝った方が足を持つ係だった。

“やっつけ感”が出ちゃってたので、今思えば兄に失礼だったなぁ。

救いなのは夫婦共同でやっていたこと。

1人でも替えられるけど、2人でじゃんけんしながらやったのは良い思い出です。

妹のおむつ替えの思い出

我が家の妹は、

「おむつを替えるので持ってきて」

とお願いすると、自分で持ってきてくれ、替え終わったら、使用済のおむつをつまんで、

「くさいくさい、ぽい」

と言ったりしながら、ゴミ箱に捨てに行ってました。

「それができるなら、おまるやトイレでやってくれー」

という思いはありつつ、

「かわいいなぁ」

と思っていました♡

まとめ

我が家は、もうおむつ替えは終わってしまいましたが、別の方法でコミュニケーションを楽しみたいと思います。

現在絶賛おむつ替え中の方や、これからの人は、仕事として機械的に行うのではなく、積極的に6,000回を楽しんでみてはいかがでしょうか♡

赤ちゃんからのパパ・ママへの最高級プレゼント、「ぷにぷに感」を堪能してください。

============

オムツはマミーポコパンツが安くて節約になります♪

使用感も全く問題ありませんでした。

関連記事