アイディア・グッズ

カインコンプレックス。「兄弟差別」による子供の人生への悪影響と防ぐ方法

カインコンプレックス

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

 
「カインコンプレックス」

という言葉をご存知ですか?

私は大学時代に、授業で初めて耳にしました。

それは、兄弟姉妹間の憎しみや嫉妬のことです。

私は「カインコンプレックス」を持っているか

私も兄弟姉妹とは大いに喧嘩をして育ちました。

でも、どんなに喧嘩をしても大きな憎しみを持ったことはなかったと思います。

それは親が平等に愛情を注いでくれたからなのかな、と思っています。

これは嫌味でも何でもないのですが、親は子供を平等に愛するのが当然だと思っていました。

ゆめねこ
ゆめねこ
「子は平等にかわいい」というのが私の祖母の口癖でもあったし、自分の親もそうだったと思うし(少なくとも、子供である私はそう感じていた)、私も2人の子が本当に平等にかわいいから。

(だから、私はカインコンプレックスは持っていないと思います)

子への愛情が平等でない親もいる

でも、ある日、ママ友に「私、下の子がかわいくないんだ」と打ち明けられてビックリしました。

再度書きますが、これは嫌味でも何でもなく、

「そんな人がいるんだ!」という感情でした。

 

その話を私の母にしたところ、

「●●君と▲▲ちゃん、覚えてる?

あの兄妹のお母さんも、

『●●はかわいいけど、▲▲はかわいいと思えない』

って、昔言ってたよ」

と言っていました。

 

そういえば、友人にも、

「お兄ちゃんが東大で、『お前も東大に行け』ってずっと言われてる。

お兄ちゃんばかり気に入られてる」

という子がいました…。

カインコンプレックスの名前の由来

「正直、こっちの子のほうがかわいいな」と心で思うだけならまだ自由かなと思うのですが、子供に気付かれてしまうのは良くないです。

理由を、カインコンプレックスの名前の由来(↓Wikipedia)とともに説明しますと…。

旧約聖書の『創世記』偽典『ヨベル書』の神話によると、農夫の兄カインは、羊飼いの弟アベルと共に神にささげものをしたという。

『羊の群れの中から肥えた初子を神に献げた。主はアベルとその献げ物に目を留められたが、カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。』(創世記4章4-5節 日本聖書協会『聖書 新共同訳』)

そして、兄カインは怒りのあまり、弟アベルを殺害したという。

殺害までいく例は少ないにしても、やはり(なるべく)平等なまなざしを向けていないと、子供たちの人生を狂わせることがあるということですね。

  • 兄弟が大人になっても不仲
  • 職場の同僚などもライバル視ばかりして仲良くなれず苦しい
  • 兄弟差別や比較をした親が年々憎くなってくる

などの悪影響があるようです。

本当は平等に愛したい親

ただ、「本当は平等に愛したい(けど、できない)」と苦しんでいるお母さんもいるようです。

例えば、以下の「教えてgoo」に投稿された相談のように。

2人の子を同じように可愛いと思えません・・。

~中略~

明らかに差別している自分がいます。
教えてgooより

この場合は明らかに差別をしてしまっている、とのことです(´;ω;`)

それは上の子も感じとっているようで、「ママは○○(下の子)が呼ぶと笑顔で振り向くのに、私が呼ぶと真顔になる」と言われるほどです。
女の子なのでよくしゃべる子なのですが、私は気付くとほとんど上の空です。
教えてgooより

上のお子さんも気付いてしまっているようです。

私自身、弟がいまして、子供の頃から「親は私より弟のほうが可愛いんだ」と強く思って育ちました。思春期には「この家に私の居場所はない」とかなりグレました。

~中略~

平等に愛されたとは思えません。
そんな子供時代の育ちのせいなのでしょうか?
教えてgooより

ご自身の幼少期の経験のせいなのか…?など深刻に悩まれているようです。

私と同じような寂しい思いはさせたくないのに、私がこの子の居場所を潰している現実があります。

どうしたらいいでしょうか?
私が心療内科とか行けば、よくなるのでしょうか?
娘が寂しさで潰れてしまう前に、誰か助けてください。
お願いします。
教えてgooより

この質問の冒頭に、このお母さんは、

こんな事を書くと批判のお言葉もあるかと思いますが、正直に打ち明けます。

と記されています。

苦しい思いを誰にも言えずに抱えて、ぎりぎりのところでネットで相談されたんだなぁと思いました。

私は2人の子供が(今のところ)平等にかわいいので、この方の気持ちを心からは「理解」できないかもしれないけれど、「批判」なんてするわけがないと思いました。

「こういう苦しい思いを抱えた方は意外と多いのかもしれない、そしてこの先私もそうならないとは限らない…」という気付きがありました。

子供にカインコンプレックスを抱かせないためには

これは、明らかな差別をしないこと、比較しないことに尽きると思います。

心で「こっちのほうがかわいい」と思ってしまうのは、仕方のないことかもしれません。

でも、それを表情や行動に出してしまうようなら要注意。

子供はすぐ気付きます。

ゆめねこ
ゆめねこ
そこで対策です!

最初は難しくても、親だけが知り得るその子の個性や長所を認めてほめるトレーニングをしてみましょう。

最初は「トレーニング」だと割り切って続けていると、段々とその人の長所を見つけるのが習慣になってきます。

ずっと続けていればいつかは必ず本心から、

「この子って、こういうところがすごい♪」

と思うことができるようになるはずです。

そこに、「すごさの大小の比較」など要らないんだと思います。

そういう難しいことを考えずに、ただただ良いところを探すようにする…。

私も子供に激怒してしまうことが多々ありますが、「兄はこういうところが良い」「妹はこういうところが良い」そういう視点だけは、忘れないようにしていきたいと思います。

まとめ

手帳やノートに良いところ探しをした結果をメモしてみるのも良いですね。

落ち着いて文字にして書き起こすと、実感として心に染みてきやすいです。

私も夫の良いところ探しをしている最中ですがなかなかはかどりません…(^^;)

良いところもいっぱいあるはずなんですが、日々のイライラに埋もれてしまいます

だからこそ、紙とペンをとり、じっくり向き合ってみるのが良いと思います。

関連記事