アイディア・グッズ

【アレクサ大活躍】Amazon Echoを子育てに活用しよう【子育て全般編】

echoshow5

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

以前、Amazon Echoを子育てに活用しよう【勉強編】という記事を書きました。

Amazon Echo
【アレクサ大活躍】Amazon Echoを子育てに活用しよう【勉強編】普及率の高いAmazon Echo。実は子育て・育児・勉強に非常に役立つことをご存知でしたか?我が家はアレクサが家に来てから生活がとても便利になりました。アレクサで勉強を楽しく進めてみませんか?...

今回は、勉強だけでなく、子育て全般に使えるアレクサ活用法をお伝えしたいと思います。

歯みがきくん

「アレクサ、歯磨き君をスタート」

と言うと「♪上の前歯をシュッシュッシュッ♪」などと、歯磨きの仕方を歌で教えてくれます。

これで、子供は勝手に歯磨きをやってくれるようになりました。

我が家はこの後仕上げ磨きをしているので良いのですが、短めなのが気になっていました。

ゆめねこ
ゆめねこ
そうしたら、ロングバージョンが追加されました!
歯磨き

「アレクサ、歯磨き君でしっかり歯磨きする」

「しっかり」とか「ちゃんと」を入れるとロングバージョンを流してくれます!

是非お試しくださいね。

眠りのためのヒーリング・ミュージック

「アレクサ、『眠りのためのヒーリング・ミュージック』を流して」

Prime会員だと、Amazon Musicも聞き放題ですよね。

上のようにいうと、Amazon Musicから、プレイリスト『眠りのためのヒーリング・ミュージック』を流してくれます。

どれも、熟睡に誘う曲となっているので、かけて10分もするとうとうとして子供は寝てくれます。

童謡

「アレクサ、童謡を流して」

これで、Amazon Musicから、童謡音楽を流してくれます。

ゆめねこ
ゆめねこ
一緒に聞いている私も、なつかしさで心があたたかくなります!

アラーム・目覚まし時計・タイマー

勉強編でも書きましたが…。

Amazon Echo
【アレクサ大活躍】Amazon Echoを子育てに活用しよう【勉強編】普及率の高いAmazon Echo。実は子育て・育児・勉強に非常に役立つことをご存知でしたか?我が家はアレクサが家に来てから生活がとても便利になりました。アレクサで勉強を楽しく進めてみませんか?...

これらは、日常生活全般で、とっても重宝しています。

「アレクサ、明日の6時半に起こして」

「アレクサ、15分後にアラームを鳴らして」

これでバッチリ、お知らせしてくれます。

天気予報

「アレクサ、今日の〇〇市の天気は?」

天気や、気温など教えてくれます。

子供に傘を持たせるかなど即座に確認することができて、とっても便利!

sun

カレンダーの予定を管理する

我が家のAmazon Echoには、Googleカレンダーを連携させています。

「アレクサ、今日・明日・〇月〇日の予定は?」

というと、今日・明日・特定日の予定を読み上げてくれますし、

「カレンダーに予定を追加して」

というと、「いつにしますか?」「予定は何ですか?」などと聞いてくれます。

これで、わざわざスマホやタブレットを開かずに、予定を登録することができ、とっても便利です。

我が家は、習い事の予定もすべてカレンダーに入れているので、子供も「今日はピアノだ」などと分かりやすいようです。

もぐもぐワオっち

「アレクサ、『もぐもぐワオっち』を開いて」

2~3歳くらいの子向けです。

『ワオっち』という、とてもおなかが空いているキャラクターに、いろいろな食べ物をあげると、いろんな反応が返ってきます。

梅干しをあげると、「酸っぱい」と言うなど。

ゆめねこ
ゆめねこ
2~3歳くらいの子向けと書いたけど、9歳でもたまに遊んでます(笑)

ひょっこりはん

「アレクサ、ひょっこりは~ん!」

モニター付き端末であれば、モニターの上下左右、色んなところからひょっこりはんが登場します。

どこから登場するか分からないから、子供たちは「あっち向いてほい」のようにワクワクするようです。

兄妹で、「次は上から!」などと予想して遊んでいます。

ゆめねこ
ゆめねこ
一発芸感はありますが(失礼!)まだまだ遊んでいますよ。

まとめ

下の2つはオモシロ系ですが、これらは多数あります。

子供たちは積極的に探して、いろんな質問や遊びをしています。

※親がいないところでは使えないようにしています。

機械と生活を共にすること…。

ゆめねこ
ゆめねこ
最初は違和感を覚えるかもしれません。私もそうでした。

 

でも、時代の流れとして、今後はこういった活用が加速するのだと思います。

せっかくなので、楽しくともに過ごしたいなぁと、私は思います。

関連記事