理科

【小4】SAPIX 理科 第5週「メダカの生態」理解を深める、おすすめ関連本とレッドリスト

メダカ

今回も、SAPIX理科に関する記事です。

前回(第4週)の「昆虫」から、また生物続きで今回の大テーマは「メダカの生態」です。

▼前回の「昆虫」

ニジイロクワガタ
【小4】SAPIX 理科 第4週「昆虫①」理解を深める、おすすめ関連本SAPIX小4理科、第4週「昆虫①」の理解を深める関連本や知育玩具を紹介。ペーパークラフトブックも昆虫のからだのつくりを理解するのに役立ちますよ。...

まず、デイリーサピックスにざっと目を通しました(私が)。

今回は、「メダカのからだ」「メダカの産卵」「メダカの飼育」が小テーマですね。

メダカを身近に感じるには飼育するのが良いのですが、飼っていても気付けなかったり、「ふーん」で終わることは多いので、やはり知識を深めるには書籍などを頼るのが良いです🎵

メダカ
稚魚だったメダカが産卵! 飼い方も難しくない我が家で卵から育てていたメダカが、大人になって産卵しました。立派な水槽を用意したの? 水替えの頻度はどのくらい? エサは? メダカ初心者が、すぐ始められるガチでない飼い方をご紹介。...

ゆめねこ
ゆめねこ
それでは、おすすめの書籍のご紹介と、最後に絶滅危惧種レッドリストについて少し触れます。

メダカのくらし

水面に浮かぶえさを食べやすいように、メダカの口は上向きについていると知りました。

ゆめねこ
ゆめねこ
よ~く我が子たち(メダカたち)を観察してみたら、おおお、本当に上向きについていました。

 

そして、デイリーサピックスにも同じことが書いてあった!

これはメダカを観察するだけじゃ、気付けなかったかもなぁ。

その他、天敵や、メダカのえさ、産卵についても知ることができ、これ1冊でメダカに詳しくなれます💛

ぜんぶわかる! メダカ

こちらも、かなり詳しいメダカの本。

世界のメダカや2種類12グループの日本のメダカについて解説されています。

また、デイリーサピックスだとイラストだけですが、メダカの卵の「中」の成長の様子が以下のような美しい写真で紹介されています。

ゆめねこ
ゆめねこ
イラストにも、「ポイントが分かりやすい」という利点はありますけどね🎵
ぜんぶわかる!メダカ

私もメダカの卵を観察したとき「日が経つにつれて、卵の中が黒っぽくなるな」くらいは分かったのですが、ここまでの微妙な変化には気付けませんでした。

時間をじっくりかけて撮られたこれらの写真は、必見です。

メダカのたまごはなぜまるい

こちらは、概略を見て読んでみたい本です。

今取り寄せ待ちです。

届いたら、追記したいと思います!

あなたは、どんな生き物のたまごを見たことがありますか?たまごの形や大きさは、生き物の種類によってちがいますね。うすい膜につつまれているたまごもあります。固いからにつつまれているたまごもあります。どうしてこんなにちがうのでしょう。たまごの形には、生き物が、確実に子孫をのこすための、ふしぎなふしぎなひみつが、かくされています。さあ、いっしょにたまごのふしぎを、さぐってみましょう。

Bookデータベースより

メダカのかいかたそだてかた

飼い方育て方だけの本かと思いきや、メダカの絶滅危惧について考えさせられる良い本でした。

やさしいタッチのイラストに癒される、でも内容は侮れない、貴重な絵本図鑑です!

まとめとレッドリスト

うちにはメダカが4匹います。

最初は10匹超いたメダカも、ここまで減ってしまいましたが、この4匹はすごく長生きです。

固定メンバーです。

やはり、強い個体、弱い個体ってあるんだろうなぁと考えさせられました。

実は、このとき👇に孵化した赤ちゃんは全滅してしまいました。

メダカ
稚魚だったメダカが産卵! 飼い方も難しくない我が家で卵から育てていたメダカが、大人になって産卵しました。立派な水槽を用意したの? 水替えの頻度はどのくらい? エサは? メダカ初心者が、すぐ始められるガチでない飼い方をご紹介。...

育て方も甘かったのかもしれないですが、自然の厳しさを知りました。

命が続くっていうのは奇跡的なことなんですね。

 

また、メダカが絶滅危惧種だということは知っていましたが、今回、「レッドリスト」という言葉を初めて知りました。

ゆめねこ
ゆめねこ
レッドリストとは絶滅のおそれのある野生生物の種のリストです。

 

こちらの環境省のページで見られます。

確かに「最新のレッドリスト」にメダカ載ってますね。

環境省レッドリスト
関連記事