主のつぶやき

私が乗ったマミートラックには、丈夫な屋根がついていた

マミートラックのイメージ

こんにちは。ゆめねこです。

私は今、「敢えて」マミートラックに乗って仕事をしています。

マミートラックとは

「マミートラック」とは、子どもを持つ女性の働き方のひとつで、仕事と子育ての両立はできるものの、昇進・昇格とは縁遠いキャリアコースのことです。

~中略~

不本意ながら出世コースから外れたマミートラックに乗ってしまうことが少なくありません。

コトバンクより

この方針に至った経緯を書いてみたいと思います。

転職を決意

前職時代に上の子を産んで3年、無理をしながら子育てと仕事の両立をしていました。

計7年間、私生活は山あり谷ありながらも、順調にキャリアを積んできたつもりではありましたが。

ある日、

ゆめねこ
ゆめねこ
「ここでは、もう限界だ…。」

と思いました。

 

専業主婦がイヤだという人もいますが、私は全くそんなことはありません。

でも、経済的理由で、専業主婦という選択肢が、私にはありませんでした。

 

そこで、異業種転職を決心し、無事に転職をすることができました。

転職したものの

転職後、仕事は以前よりスローペースになったとはいえ、相変わらずフルタイムで働くこと2年間弱。

(子供の年齢からすると時短勤務も可能でしたが、転職してすぐ時短取得はないだろう…と思っていた。)

ひょっとすると転職後の緊張感もあり、家では転職前よりも少しピリピリしてしまっていたかもしれません。

ゆめねこ
ゆめねこ
「結局、兄を産んでから、私はいつもいつも忙しくしてしまっていたな。」

と反省しました。

第二子妊娠と育休、そして復職

そんなときの第二子の妊娠

妊娠自体もうれしいものでしたが、

ゆめねこ
ゆめねこ
「これでやっと兄とのまとまった時間を作ることができる!」

という喜びが大きく、心の中でガッツポーズをしました。

 

そして、育休を2年間取得して、復職。

ゆめねこ
ゆめねこ
「世間にはマミートラックという言葉があるらしい。

無理やり乗せられて意気消沈しているお母さんもいるらしい。」

ということは知っていました。

 

さて、私はどういう扱いになるのだろう?

 

育休前と上司が変わっていたのでドキドキしましたが、拍子抜けするほど「普通」でした。

時短勤務を申請したので、残業もなく勤務時間がきっちり決まっているのですが、それ以外は普通。

特別扱いされることもなく、むしろ仕事量はちょっと多いくらいでした。

 

復職から1年後のキャリア面談で、上司は「これからは女性進出の時代。育休から戻ってきた女性社員の活躍に注目が集まっている。時間的制約がある中で、よくがんばっている。どんどん次のステージにチャレンジしていってほしい。」と言ってくれました。

 

ありがたい、ありがたい。

 

前職で窮屈な思いをしていた私としては、本当にありがたいお言葉でした。

自分の身の振り方を考えた

でも、私はゆっくりと辺りを見回して、階級が上がるとどうなるのかを、じっくりと見つめました。

 

若手のフォローに奔走しているリーダー。

隣の部署の無茶ぶりに翻弄されているリーダー。

「仕事ができないくせにリーダーかよ」と影口を叩かれたりもしているリーダー。

(そんなリーダーたちには、日々、本当に感謝しているのです。これはほんと。)

 

自分の能力と、一番大事にしたいものがよく分かるようになっていた30代の私は、

ゆめねこ
ゆめねこ
「私には子育てと両立しながら、人の上に立つパワーも能力もないし、一番大事なのは今は子育て!

今は、立場も給与も上がらなくていい。」

と、思いました。

 

少しの迷いはあったものの、上司には、

ゆめねこ
ゆめねこ
「次の階級へは、もう少し自己研鑽を積んでからチャレンジしたいです。」

と伝えました。

 

「あくまでも、やる気がないわけではない」ということをアピール。

それから、むやみに「子供がいるから」と言うことは引き合いに出さないようにした。

何だか、逃げのような印象が残ると思ったからです。

 

出世したい人は、小さい子がいても時短なんて取らずにバリバリ働いているようです。

前職での私を見ているようです。

そういう生き方もあるし、器用な人はできるでしょう。

 

でも、私は生活にゆとりを持ちたかったし、正直、会社からの評価なんてどうでもよく、

(言ってみれば)「子供からの評価」のほうがよほど重要でした。

「子供たちの心にできるだけ寄り添うには…?」と、真剣に考える日々です。

ゆめねこ
ゆめねこ

「人からは『キャリアを捨てたおばちゃん社員』に見えるかもしれない。

私は平気だけど、後輩にとってはやりにくいかな?」

と考える日もありました。

 

そこで、私は「勤務時間は人より短くても、その時間いっぱいは、テキパキと人の2倍速で働く」ことを意識するようになりました。

 

心の中では、昇進は望んでいない。

だけども、やる気のない感じを出すのは組織にとって悪。

だから、テキパキと、バリバリ風にやってます。

演技もだいぶ入っています。

私にとってのマミートラック

業務内容こそ同僚と変わらないものの、昇進話をいったん断った時点で、自分の中では敢えてマミートラックに乗っている感覚なのですが、乗ってみたらマミートラックって案外、居心地が良かったです。

このトラックには丈夫な屋根もついていて、風雨から守ってくれるので、ありがたく、じっくりグルグル(見た目はテキパキ)させてもらっています。

roof「マミートラック」で検索すると「マミートラック 抜け出せない」「マミートラック 陥る」「マミートラック 不本意」とか出てくるのですが、同じグルグルでも、何周目かには違う景色が見えてくることってありますよ。

 

※業界や、お勤めの会社によって、状況は異なると思うので、参考程度にお読みいただければ幸いです。

私の場合は、「出世街道に乗らずに、マミートラックに乗ることで、きちんと減給になる」ということがポイントでした。

人は、どれだけいい人であっても、とても忙しいと「繁忙期なのに、時短で帰ってずるい!」という気持ちになると思うので、私は割とくどいくらいに感謝の気持ちを伝えつつ、「私はきっちり減給されてます」ということを、折を見てさりげーなくチラッと言ってます

時短でも減給されないと思ってる人も割といて、驚きました。

「え?時短取ると手取り10万円も減るの?それは大変だね。知らなかった。」って言ってくれたりもします。

最後は…自分の業務はきちんとこなしつつ、少しでも自分の手があいているときには進んで業務のお手伝いをするように心がけています。

(と書くと偉そうですが、これも自己防衛手段ですね。←こう書いてしまうと冷淡な感じですが、くどいですが周りの人に感謝の気持ちは非常に感じております。)

ランキング参加中。クリックしていただくと更新の励みになります。
にほんブログ村 教育ブログへ