理科

【小4】SAPIX 理科 第12週「生き物のつながり」食物連鎖が理解できる絵本

根っこ
スポンサーリンク

SAPIX小4理科、第11週では主に食物連鎖について学びました。

第11週「生き物のつながり」に関するおすすめ書籍をご紹介していきます。

食物連鎖については第6週でも学びましたが、また出てきましたね。

食物連鎖
【小4】SAPIX 理科 第6週「食物連鎖」関連本 & 「ホトケノザ」ってこれじゃないの?!SAPIX小4理科、第6週「食物連鎖」の理解を深める関連本を紹介。外来種やプランクトンについて調べた後、生態系、環境問題についても考えました。それから、ホトケノザってこれのことじゃないの?!事件も発生しました。...

土をつくる生きものたち 雑木林の絵本

「分解者」のはたらきが理解できる本です。

ゆめねこ
ゆめねこ
「分解者」とは、生き物の死がいやふんなどから養分を得ている生き物のことだよ~。例えば、ダンゴムシやミミズ、シイタケ、ダニなどだね!

 

絵もたっぷりありますが、以下のように長文も出てきます。

土をつくる生きものたち

たべることはつながること

第6週でもご紹介しましたが、福音館の科学シリーズの絵本。

たべることは つながること

この絵本では、人間も食事を通して、地球上のいろいろな生物とつながっていることをやさしく解説しています。

スポンサーリンク

たんぼレストラン

こちらも第6週でご紹介しました。

ダイナミックな絵と、「おや?」と思わせるタイトルが印象的な絵本です。

自然界は厳しいなぁと思いますし、生き物は他の生き物の命をいただいていることが分かる絵本です。

未就学児におすすめの内容かな。

田んぼレストラン

ねっこ

いろいろな長さ、太さの根っこや球根が登場。

冬の間も地面の下でがんばっている。

また、根っこだけでなく土の中の植物や生物についても、繊細なタッチの絵と平易な文章で知ることができます。

まとめ

『土をつくる生きものたち 雑木林の絵本』や『ねっこ』には、ダンゴムシが出てきます。

妹にはまだ読み聞かせていないのですが、最近やたらとダンゴムシが大好きなので、『土を~』のほうはまだ少し早いかもしれないのですが『ねっこ』は読み聞かせてみたいと思います。

絵本の効果ってすごいですよね。

本当に、絵本を侮ることなかれ、です。

ゆめねこ
ゆめねこ
中学受験の種まきにも十分活用できますよ~。

 

その他の理科についての記事はこちら👇

https://yumeneko365.com/category/education/juku-kumon/rika/




最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク