知育・教材

『5分でわかる重要ワード 知って話そうニュースの言葉』口コミ・レビュー

テレビ
知育系SNSで話題のワンダーボックスを無料でお試し。

思考力・地頭を鍛えたい人にはとってもおすすめの通信教育です。

スポンサーリンク

『5分でわかる重要ワード 知って話そうニュースの言葉』を読みました。

本書で紹介されている言葉は、ニュースを日頃から見ている、中学受験予定の小学6年生なら、7~8割以上は聞いたことがあると思います。

「SDGs」「核軍縮」「LGBT」「ヘイトスピーチ」「iPS細胞」「TPP」…

ただ、これらの言葉は、知っているようで詳しい意味までは分からないかもしれませんよね。

本書は、

  • ニュースを日頃から見ていて知識をより深めたい子
  • ニュースに出てくる言葉が分からず敬遠している子
  • 中学入試の時事問題対策をしたい子

に最適です。

もちろん、大人にも参考になります!

この記事では、中学入試の時事問題にとっかかりにも最適な『5分でわかる重要ワード 知って話そうニュースの言葉』をご紹介します。

当サイトはリンクフリーなので、貴サイトやSNS等からのリンクOKです。記事引用の際は、引用と記載し、引用元として当サイトへのリンクをお願いします。

ニュースの言葉 5つのジャンル

本書では、ニュースに出てくる言葉を「社会」「政治」「経済」「科学」「文化・スポーツ」の5つのジャンルに分けて解説してあります。

社会

ヘイトスピーチ、難民問題、フェイクニュース、ビッグデータなど

政治

税金、タックス・ヘイブン、ブレグジット、OPECなど

経済

為替相場、フェアトレード、GDP、インフレとデフレなど

科学

VR、AI、IoT、NASA、ISS、再生可能エネルギーなど

文化・スポーツ

eスポーツ、世界遺産、アカデミー賞、電子書籍など

新出の時事的な言葉だけでなく、「資本主義とは」「憲法とは」など学習の基礎となる言葉ももちろん収録されており、バランスが良いと思います。

大人の私にも「経済」カテゴリの「フェアトレード」や「フィンテック」、「科学」カテゴリの「アルテミス計画」などは、為になりました!

ニュースを身近に感じて役立てるステップ

ニュースに出てくる言葉を知る

まず、ニュースを身近に感じるためには「言葉を知る」ことが大事ですよね。

そこで、本書が役立つと思います。

中身はこんな感じです。

新型コロナウイルス説明1 新型コロナウイルス説明2

『ニッポンの総理大臣』という書籍もおすすめです。

国会議事堂
『ニッポンの総理大臣』口コミ・レビュー。大人にもおすすめ歴代総理大臣辞典中学受験におすすめな本『新しい伝記シリーズ 日本の総理大臣』をご紹介します。明治・大正・昭和・平成・令和の、日本の歴代総理大臣101代分全部載っていて、重要総理についてはマンガで解説されており、とても分かりやすいです。...

その他、こちらもおすすめ。

ニュースを見る、新聞を読む

実際にニュースを見ます。

池上彰さんの番組なども大変役立ちます。

また、子供新聞はとってもおすすめです。

子供新聞は複数社から出ていますが、我が家は幼稚園時代から、ずーっと読売KODOMO新聞です。

たった550円で
\ 物知りになれる /


毎週、届くのを楽しみにしています。

家族・友人と語り合う

インプットが済んだら、アウトプットですね。

ゆめねこ
ゆめねこ
これ、我が家ではできていません…。

ですが、本書には、話し合いのポイントが記載されているので、こちらを見ながら、ニュースについてあれこれ会話してみようかなと思っています。

フルカラーで、イラストも多めでおすすめです。

そのイラストもゆるい感じが好きです。




最後に…。

ブログを読んでくださった「中学受験予定の方」に、プチ情報(無料)✨

・中学受験塾選びを迷っている方
・通塾中だけど塾の活用法が心配な方

が必見の無料情報冊子があります。

それは、SS-1という個別指導塾が発行している『合格を決める塾の使い方』

合格を決める塾の使い方
こちらのページの【緑のボタン】から、1分で資料請求できます!

私がいただいたのはSAPIX版ですが、塾別冊子には他にも四谷大塚版などがあります!



実際に私が資料請求して中身をご紹介した記事はこちら

上の冊子と社会の無料授業動画がイチオシです。

営業電話などはかかってこなかったのでご安心を♪

「無料でここまで?」という内容なので、是非資料を取り寄せて塾の成績を最短で上げる秘密を探ってみてくださいね。


スポンサーリンク