塾・公文

【小5】SAPIX(サピックス)7月度組分けテストで夏期講習のコース決定!

SAPIXロゴ
スポンサーリンク

サピ生の皆様、テストラッシュ、お疲れさまでした!

SNSで話題になっていましたが、一部の校舎では、復習テストの当日、テストが始まる前に1個前のテストである組分けのコース基準表が配られたようですね。

ゆめねこ
ゆめねこ
マイページでの発表より1日前倒しで発表ということですね

 

いやー、テスト前にっていうのがなんとも。

生徒のメンタルを試しているのかな😂❓

さてさて、そんな組分け表のコース基準、うちの校舎でも復習テストの前に配られたそうです。

結果はどうだったのか?!

この記事では、SAPIX 小5の7月度組分けテストの偏差値とコース基準について書いています。

小5 7月度組分けテスト偏差値

前回👇書いたとおり、

SAPIXロゴ
【小5】SAPIX 7月度組分けテスト。平均点は? 組分けテストだと偏差値高めSAPIX(サピックス)小5の7月度組分けテストの偏差値が出ました。夏期講習のコースが決まるテスト。アルファに戻れそう…?...
  • 4科目 64
  • 算数 60
  • 国語 61
  • 理科 59
  • 社会 67

でした。

念願の、算数60超え!!

もう、本当に本当に嬉しかったです。

5月から私が算数をちゃんと見始めたのですが徐々に効果が上がってきたような気がしています😭

範囲ありテストでドボン&範囲なしテストで這い上がる

これも前回記事で書いたのですが、うちは範囲なしテストのほうが偏差値高いです。

それって、入試の特性を考えると、一見喜ばしいことなのですが、範囲ありテストで着実に得点できる真面目なコツコツ型の子はきっとグングン伸びていくと思います。

なので、兄にも

ゆめねこ
ゆめねこ
これからは範囲ありテストを軽んじることなく、着実にこなしていこうね!

 

と伝えました。

次は夏期講習マンスリー。

範囲ありテストだけど、ドボンしないように気合い入れてがんばるぞ!

スポンサーリンク

SAPIX 入塾から今までのコース推移

今回、偏差値から想像して、3コースUPかなと予想しておりましたが、

ゆめねこ
ゆめねこ
予想当たり!!

 

4月マンスリーで3コース落ちたましたが👇戻ってこれました!!

SAPIXロゴ
【小5】SAPIX(サピックス)4月度マンスリーテスト、偏差値とコース発表SAPIXの小5、4月度マンスリーテストの偏差値とコース基準が出ました。息子は最大の3コース落ち…!結構悔しかったようです。でもその悔しさを自主勉強に変換する思考がまだまだ備わってない。なので、母塾始めます。...

入塾からのブロック変動は以下の通り。

本ブログでは、具体的なコース名ではなくブロックで表してます。

便宜上、以下のように定義したいと思います。

α上位クラス:α1~2,3くらい ←②小4の3月 ③小4の7月 ④小4の9月 ⑨小5の3月 ⑫小5の7月←今ココ

α下位クラス:α3,4~5くらい ←⑤小4の10月 ⑧新小5の1月

アルファベット上位クラス:A~KLMくらいあるうちの上1/3 ←①新小4の1月 ⑥小4の11月 ⑦小4の12月 ⑩小5の4月 ⑪小5の6月

アルファベット中位クラス:A~KLMくらいあるうちの中1/3

アルファベット下位クラス:A~KLMくらいあるうちの下1/3

「α出たり入ったり男」健在!

また、お仲間に入れていただくことになりました。

今のところ、小4も小5も、夏期講習はα2にご縁があるようです。

ゆめねこ
ゆめねこ
来年はα1だといいな。

 

夢を見るのは自由!!

今、欲しい本『合格する○○の授業』

Twitterでフォローさせていただいている方が紹介されていた本です。

サラッと読めてすごく分かりやすかったそうです(お子さん談)。

早速クリックすると、「あれ、amazonクチコミないな」って。

よく見たら、国語は発売されたばかりなんですね。

👇これも国語だけど、これを書いてる時点では評価0件。

でも同じシリーズの本がたくさん出てるらしく、確かに全部クチコミ良い!

どれか購入したら、レビュー書きたいと思います♪




最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク