塾・公文

【小4】SAPIX(サピックス)12月度マンスリーテスト、自己採点結果

SAPIXロゴ
スポンサーリンク

小4、SAPIX(サピックス)12月マンスリーテスト、自己採点しました。

偏差値が出ないことには、成績のアップダウンの比較はできないのですが、これはもう見事にボロボロです💦

ちょっと、何から手を付けていいのかよく分からなくなってきました。

本人の志望校には遠く及ばず、「どうしましょう?」という感じです。

「まだ4年生だし」と捉えてよいものか、はたまた、「4年のこの時点でこの成績であれば志望校を考え直すしかない」と考えるべきなのか、よく分からないです…💦

自己採点結果

算数

57点/150点→あってました

国語

94点/150点 前後→100点でした

理科

79点/100点→あってました

社会

76点/100点→79点でした

12月マンスリー後の感想

得意だった理科も段々と成績が落ち始めてきてしまいました

算数はやはり苦手なようです。

解き直しをしているのを横で見ていても、ひらめきがないようです…。

一応このブログのタイトルにもしている筑駒中の算数は、40分という短い時間で、大問4題構成です。

つまり、大問1つにかけられるのはわずか10分。

ぱっと解法を導けるのか、ひらめけるのかが大きなカギのように思うのですが、それは現時点では残念ながら足りていません…。

どう対策したらいいのか分からないのですが、しばらくは試行錯誤をしてみたいと思います。

それとも塾の先生に相談などするべきなのでしょうか…。

 

のんきな兄👇

中学受験で子供の良さを引き出せたらいいけど、摘み取ってしまったら怖いよなぁと思う。

私は兄のこういうところが好きなのだ。

https://twitter.com/yumeneko365/status/1340258197345472513?s=20




最後に、ちょっと知育系のご紹介です(無料)✨

知育系SNSで話題のワンダーボックス

これ、妹に検討中ですが兄のときもあったら良かったな~。

兄はシンクシンク(Think!Think!)が大好きなので、きっとドハマリしていたでしょう。

(ワンダーボックスは10歳までが対象なのです、残念)

Q ワンダーラボの思考力アプリ「シンクシンク」とどう違いますか?

A シンクシンクは「すきま時間で思考力を伸ばせるアプリ」ですが、ワンダーボックスは「思考力と感性を育てる通信教育」、つまりご家庭の教育の主要ツールとしてお使いいただける教育サービスです。「シンクシンク」との具体的な違いとしては、以下の3点があげられます。
●「STEAM教育」領域が対象で、幅が広い
●リアルも組み合わせた総合的な体験ができる
●1日の回数制限なし(保護者が時間制限を設定可能)
ワンダーボックス公式ページより

シンクシンク好きなら、ハマってくれる可能性大ですね!

無料の資料請求で、体験トイ、体験ワークブック、体験アプリがついてくるので、思考力・地頭を鍛えたい人は試さない手はないですよね〜。

私も資料請求しましたが、中学受験も考えていて、幼児期や低学年から基礎力をつけたいと思っている方にぴったりな内容でした。


\ 子供の地頭力を育てたい /

>>感性と思考力がぐんぐん伸びる【ワンダーボックス】

今は取り急ぎ資料請求をしただけなのですが、妹用に実際に申し込もうかと思ってます!


スポンサーリンク

スポンサーリンク