妊娠・出産

妊活中・妊娠中・授乳中におすすめのノンカフェイン飲み物

ルイボスティー

こんにちは。ゆめねこ(@yumeneko365)です。

妊娠中や授乳中って、食べ物や飲み物に気を遣いますよね…。

私は妊娠中、便秘になってしまい、お医者さんに「水分をたくさんとりましょう」と言われました。

でも、つわりのために今まで好きだった「麦茶」が苦手になってしまいました。

つわり
辛いつわり、いつからいつまで? ぶり返すことも? 症状は? 対策は?つわりはいつ始まって、いつまで続くのでしょうか。期間や症状に個人差はありますが、私のつわり、妊娠悪阻の体験談を書きます。また、つわりにおすすめのチョコラBBもご紹介します。...

さらに、今まで好きではなかった「コーヒー」が無性に飲みたくなってしまいました。

ゆめねこ
ゆめねこ
カフェインに気を遣わなければならないのに、よりによってコーヒー…。

つわりの間だけだったら、カフェインには目をつぶって飲みたいものを飲んでも良いと思うのですが、私の場合はつわりが終わっても、食べ物や飲み物の好みは、妊娠前から変わったままでした。

さすがにずっとコーヒーを飲むわけにはいかないと思い、妊婦にもおすすめの飲み物を探しました。

今回は、妊娠中におすすめ、そして引き続き授乳中にもおすすめで、実は妊活にもおすすめの飲み物について書いてみます。

たんぽぽコーヒー

私は妊娠するまでたんぽぽコーヒーを知りませんでした。

たんぽぽコーヒーは、たんぽぽの根の部分を使った飲み物です。

製造元・販売元・製法によっては、「たんぽぽ茶」ともいうようです。

コーヒーという名前が付いていますが、ノンカフェインなので、妊娠中でも気にせずに飲んでOKです。


私がたんぽぽコーヒーを知ったきっかけは、友人からのプレゼントです。

私は牛乳を足してカフェオレのようにして飲んでいました。

母乳育児の本にも、たんぽぽコーヒーがいいと書いてあったので、産後も飲み続けました。

ホットで飲めば体が温まり、私の場合、母乳の出が良くなりました

桶谷式助産師さんが推奨
【森下薬農園のたんぽぽコーヒー】

ルイボスティー

赤いお茶、ルイボスティー。

ルイボスティーには、

  • 免疫力UP
  • ダイエット効果
  • 美肌、エイジング効果
  • 便秘緩和

などの効果があると言われています。

ゆめねこ
ゆめねこ
特に女性にとっては嬉しい効果ばかりなので、女性誌で特集を組まれることも多々ありますね。

職場の後輩は、妊活中、ずっとルイボスティーを飲んでいました。

ルイボスティーには「卵子の質を向上させる」という効果もあると言っていました。

先ほど、エイジング効果もあると書きましたが、ルイボスティーの中に含まれるある酵素が活性酵素を除去してくれるので、「卵子の老化防止」にも役立つそうです。

また、便秘にも効果があると書きましたが、前述の通り、私は妊娠中、便秘に悩まされました。

お医者さんに相談すると、ルイボスティーを飲むことを勧められました。

ルイボスティーに含まれているマグネシウムには「便を柔らかくする」という効果があるようで、飲み続けているうちに、おなかがスッキリするようになりました。

【妊活専門】高品質のルイボスティーはエルバランシア

そば茶

ノンカフェインなので、おすすめです。

さらに、そば茶には「ルチン」というポリフェノールの一種である栄養素が含まれており、妊娠糖尿病や妊娠高血圧の予防をしてくれます。

もちろん、そばアレルギーの方は飲めないので、飲まないようにしてください。

妊婦さんや授乳中のご友人にプレゼントしても喜ばれると思います。

まとめ

妊活中・妊娠中・授乳中は、冷えとカフェインに気を付けたいもの。

飲み物を飲むときは、なるべくホット、無理でも常温で飲むように心がけましょう。

暑いときはなかなか厳しいですが、口にする飲み物の温度に気を付けるだけで、結果的にご自身も健康でいられますし、赤ちゃんや母乳にとっても良いのです。

また、カフェインは、全く摂取してはいけないということはないのですが、なるべく摂取しないようにしたいもの。

ノンカフェインかつ栄養価の高い飲み物を飲むようにしたいですね。